バルミューダは11月16日、5Gスマートフォン「BALMUDA Phone」を発表した。ソフトバンクで取り扱う他、SIMロックフリーモデルを用意する。価格はSIMロックフリーモデルで10万4800円。11月17日午前10時から予約受付を開始し、11月26日に発売する。

 本体デザインは曲線だけで構成。同社の寺尾玄社長が直々にデザインした。使うほど外観が「劣化」していく昨今のスマートフォンと異なり、革製品などと同じく使うほど味わい深くなるよう、ボディーの背面は「河原に落ちている石」のような質感を目指したという。加工方法は特許を出願中。

 ディスプレイは4.9インチ(フルHD)で手に馴染むデザインを目指したという。SoCはQualcomm製Snapdragon 765、メモリは6GB、ストレージは128GB。背面のカメラは、4800万画素(記録画素数1200万画素)のシングルカメラ構成、800万画素の前面カメラも内蔵する。製造は京セラが担当する。

 指紋認証やFeliCa、非接触充電に対応。バッテリーは2500mAh、USB PD3.0の急速充電にも対応する。IPX4/IP4Xの防塵防滴性能を持つ。本体サイズは69(幅)×123(高さ)×13.7(奥行き)mm。重さ約138g。

 オリジナルアプリとしてホームアプリ、カレンダー、スケジュール帳、電卓、メモ帳などを内蔵。オリジナルのカメラアプリには、料理を写すための専用モードを用意。バルミューダの商品撮影などを担当するチームが監修している。夜景や人物撮影用のモードも搭載する。

 BALMUDA Phoneは同社のハイテク製品「BALMUDA Technologies」第一弾製品。発表会で寺尾社長は、次の製品も既に計画中と明かした。