暗号資産取引所のbitFlyerは、アプラスと共同で12月1日、利用に応じてビットコインがたまるクレジットカード「bitFlyer クレカ」の提供を始めた。ビットコインがたまるクレカは国内初という。

 Mastercardブランドのスタンダードカード「bitFlyer Credit Card」(年会費無料)と、プラチナカード「bitFlyer Platinum Card」(年会費1万6500円)の2種類を発行。

 基本のポイント還元率は、スタンダードが0.5%、プラチナが1.0%。たまったビットコインは、bitFlyerで売却して日本円などに換えられる。

 発行を記念して、2022年3月末まで、ポイント還元率がアップするキャンペーンを行う。