コミックマーケット準備会は、12月30日と31日に東京ビッグサイトで開催する「コミックマーケット99」の参加者に向け、「TOKYOワクションアプリ」の利用を呼びかけている。入場時などの確認作業を円滑に進めるためとしている。

 一般参加者は入場の際、チケットと本人確認書類(運転免許証、学生証など)の他にワクチン接種証明かPCR検査結果または陰性証明を提示する必要がある。TOKYOワクションアプリはワクチン接種証明の代わりとなるもので「確認作業時間の短縮のため、可能な限り利用をお願いしたい」としている。

 ワクチン・検査パッケージは、ワクチン接種証明の確認や検査などの実施を条件にイベント参加人数の制限を緩和する政府の取り組み。10月からスポーツの公式試合や音楽ライブなどで導入が進んでいる。

 TOKYOワクションアプリは、東京都が公開したLINE上で動作するアプリケーション(アプリストアにはない)。接種記録の画像などを登録することでワクチン接種証明として使える他、都内の店舗で値引きクーポンなど様々な特典を受けられる。11月22日から都民以外も登録できるようになった。

 登録はLINE導入後、TOKYOワクション特設サイトから公式アカウントを友だち登録。本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)と接種記録(2回分)の画像をアップロードし、事務局の確認が終わると登録される。通常は翌日に完了する。

 コミケ準備会では「当日に登録しようとしても完了しない」として参加者に事前登録を呼びかけている。またTOKYOワクションアプリを利用する場合でも「万が一に備えて」ワクチン接種証明などのコピーを用意し、すべての書類が見えるようにクリアファイルに入れることを求めている。