Appleが2022年に発売するiPhone 14 Proシリーズは、同社初のパンチホール型カメラを採用したモデルになるようだと、The Elecが伝えている。

 iPhone 14シリーズの6.06インチモデルと6.7インチモデルは、iPhone 13シリーズに搭載されているバージョンと同様にノッチを継続して搭載し、iPhone 14 Proシリーズの6.06インチモデルと6.7インチモデルは、ノッチの代わりにFaceTimeカメラ用の小さな穴が上部に開いており、全画面表示が可能のようだ。

 フルスクリーンでの没入感を提供するには、穴の周囲のディスプレイ領域と他の領域が解像度と色を維持することが鍵となる。14 Proモデルの有機ELパネルには、低温多結晶酸化物(LTPO)薄膜トランジスタ(TFT)を適用する予定のようだ。

 このLTPO有機ELパネルは、Samsung Displayが単独で供給しており、iPhone 14 Proモデルに搭載される有機ELパネルについては、LG Displayも必要なパネルを供給することを目指しているようだ。

 LG Displayは現在、独自のホールディスプレイ技術とアンダーディスプレイカメラ技術を開発するロードマップがあり、アンダーディスプレイカメラは、自撮りカメラがオンのときだけ穴が表示され、オフのときは画面に戻る仕様のようだ。

 LG Displayは、Appleが承認すれば、独自のホールディスプレイLTPO OLEDパネルを供給することになる。

 一方、レーザー機器メーカーのPhilopticsは12月初め、Samsung Displayとディスプレイ生産用機器の供給契約を結んだことを発表している。この装置は、Samsung DisplayがiPhone 14シリーズに供給する予定のホールディスプレイパネルに使用されるレーザーシステムのためのものと考えられる。

 韓国のディスプレイパネルメーカーは、ホールディスプレイにHIAAと呼ぶホールインアクティブエリアと呼ばれるレーザーエッチング装置を使用していて、Philopticsはレーザー装置を、Wonik IPSは装置用のチャンバーを供給しているそうだ。

 一方、BOEは2022年もAppleに低温多結晶シリコン(LTPS)TFT OLEDパネルのみを供給する予定で、中国のディスプレイパネルメーカーがiPhoneメーカーにLTPO TFT OLEDパネルの供給を開始するのは、早くても2023年になりそうだとしている。

[MACお宝鑑定団]