カラーは4月28日、代表取締役社長の庵野秀明さんが紫綬褒章を受章したと発表した。芸術文化に関わる功績での受章という。

 紫綬褒章は科学技術分野の発明をした人や、学術、スポーツ、芸術分野で業績を上げた人に政府が授与する褒章。映画監督ではこれまでに湯浅政明さん、黒澤清さん、大友克洋さんなどが受章している他、漫画家でも高橋留美子さん、さいとうたかをさんなどが受章している。

 庵野秀明さんは5月13日に公開する映画「シン・ウルトラマン」の企画と脚本、2023年3月に公開予定の映画「シン・仮面ライダー」の監督などを務めている。映画「シン・エヴァンゲリオン」の企画・原作・脚本も務めた。以下、庵野さんのコメントを引用する。

 文化庁の方から御連絡を頂くまで勲章と褒章の区別も曖昧で、勲章と言えば1966年の『ロボタンの歌』と『ロボタンマーチ』が真っ先に浮かんでしまう、如何しようもないオタクな自分が、この様な名誉をいただいて良いものか戸惑いましたが、他界した両親と祖母が喜ぶかと思い、ありがたくお受けすることにしました

 この様な褒章を頂けるのも、妻や友人、映像関係のスタッフやキャスト、そしてアニメや特撮を支えて下さっているファンの皆様のお陰です。有り難う御座います

 これからもアニメや特撮文化に御恩返し出来る様、面白いアニメや特撮映像作りに携わり、アーカイブ事業を推し進めていこうと思います。よろしくお願いします