楽天モバイルが5月13日に発表したスマートフォン向けの新しい通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が波紋を呼んでいる。月1GBまでは0円で使えた従来の料金形態を取りやめた他、既存プランの加入者も新プランに自動移行することから、Twitterでは「これまで0円で使えたのに裏切られた気分」などと反発の声が出ている。

 Rakuten UN-LIMIT VIIは使ったデータ容量に応じて料金が変動するプラン。3GBまでの場合は月額1078円(税込、以下同)。3GBを超えた場合は2178円、20GB以上の場合は3278円になる。

 20GB以上でもドコモの「ahamo」と同等の料金ではあるが、新プランに対するネットの反応は冷たい。旧プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、1GBまでの場合は0円、1〜3GBまでは1078円、3〜20GBまでは2178円、20GB以上の場合は3278円という料金体系で、特に0円の範囲で使っていたユーザーにとっては値上げとなっているからだ。自動移行により、旧プランの加入者も値上げになる点を問題視する意見もある。

 変更を受け、Twitterでは「改悪だ」「解約を決心した」などの声が出た。発表後の午後1時ごろには「楽天の携帯料金」「月額0円」などのワードが日本のトレンドに入った。

 中には「乗り換えようかな」などと、他社プランへの移行を検討する声もあった。例えば月額基本料金が0円で、必要に応じてデータ容量を買い足せるKDDIの「povo 2.0」や、ソフトバンクが月990円・3GBで提供する「LINEMO ミニプラン」への乗り換えを検討する声が見られた。

 特にpovo 2.0は、スマホを複数持つ人の“サブ回線”などとして楽天モバイルと競合していたこともあってか言及する人が多く、月額0円などのワードに並んでTwitterトレンドにも入った。

 一方、楽天モバイル側も反発を予測した手を打っている。例えば既存のUN-LIMIT VIユーザー向けには、月額データ利用量が1GB以下の場合、月額料金が実質無料になるキャンペーンを10月末まで展開する予定だ。7〜8月は月額料金が無料となり、9月と10月は月額料金相当の楽天ポイントを付与するという。

 UN-LIMIT VIIの新規契約者に向けては、楽天ポイントを3000ポイントを付与するキャンペーンを展開する予定だ。他にも新規契約者が「楽天市場」で買い物する場合、獲得できる楽天ポイントの還元率を+1倍、楽天アカウントの会員ランクが「ダイヤモンド」ならさらに+1倍するキャンペーンも展開するという。上限は1000ポイントまで。

 とはいえ、一連の施策が既存ユーザーの引き留めや新規ユーザーの増加にどこまで効果をもたらすかは不透明だ。Twitterでのユーザーの反発具合を見ると、ドコモのahamo、KDDIのpovo、ソフトバンクのLINEMOなど、すでに大手の廉価プランが出そろった中では、ユーザーにあまり前向きな印象を与えない発表になったといえそうだ。