自然言語処理モデル「Cohere」などを開発する、カナダのCohere社は5月19日(現地時間)、トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」(MTG)風のカードを自動生成できるAI「Urzas.ai」(ウルザのAI)を作成したと発表した。好きな言葉をカード名に入力するだけで、イラストやテキストなどを自動で生成する。

 実際に「ITmedia NEWS」でカードを作成したところ、「カードを2枚引く」効果を持つ、「インスタント」という種類のカードを生成した。イラストは街並みのようなものになり、一部で火災が発生しているようにも見える。

 また、「The theory is that they provide entertainment in a space where others can't find anything else.」(他人が何も見つけられないような空間で、エンターテインメントを提供するというのが持論です)というフレーバーテキスト(ゲームの進行に影響を与えない文章)も生成した。

 このAIを開発したメンバーの1人で、Cohere社の共同創業者であるニック・フロスト(Nick Frosst)さんのTwitterアカウント(@nickfrosst)によると、テキスト生成にはCohere、画像生成にはカナダのWOMBOが作った画像処理モデルを使ったとしている。Cohereモデルには、MTGの開発元である、米Wizards of the Coastが制作した全てのカードのデータセットを反映しているという。

 ニックさんは「このサイトにはGPUすらありません。CohereとWomboにリクエストを出すだけです。これこそがAI開発の未来だと考えています」とし、「最先端のニューラルネットは、個人がホスティングするには大きすぎることがほとんどです。だから自分でホストはせず、CohereやWOMBOのようなホストされたAPIにリクエストを出すだけになるでしょう」とコメントしている。