LINEは5月24日、AI文字起こしアプリ「CLOVA Note」(iOS/Android、Webブラウザ)のβ版をリリースした。利用料は無料。複数の参加者の声を聞き分けて別々に記録する話者分離ができるのが特徴。

 LINEのAI音声認識技術「CLOVA Speech」を活用し、音声を文字に変換する。アプリ上で録音した音声を文字起こしできる他、録音済みファイルのアップロードによる認識にも対応。変換できる音声は1カ月につき300分まで。

 AIの学習のためにLINEに音声データを提供する場合は1カ月600分まで変換可能。変換の際には認識精度向上のため、参加者の人数や「会議」「日常会話」といった形式、話の内容を大まかに指定する。

 よく使う単語を登録する機能や音声録音中にブックマークを設定する機能、変換テキストの検索機能も備える。

 CLOVA Speechは人間が大量の教師データを用意しなくても学習できる「自己教師あり学習」を採用。話者分離機能は国際コンペティション「DIHARD3」(2021年)で世界3位の性能評価を獲得した研究を基に開発したという。

 LINEは今後、日本語以外の言語への対応やWeb会議ツールとの連携などを進めるとしている。