6月2日に大幅リニューアルしたPlayStationのオンラインサービス「PlayStation Plus」。加入プランに応じて様々なタイトルが追加料金なしで遊べるようになりました。

 プランについては以前の記事で説明していますが、個人的に最上位プランの「プレミアム」で遊べるレトロゲームのラインアップにあまり魅力を感じず「エクストラ」でいいかなと思っていました。ただ両プランの料金差は1年間の場合は1500円強で、月に直すと200円も変わりません。それならとプレミアムに1年間加入しました。なかなか絶妙な値段設定です。

 ストリーミングで配信されるPS3用タイトルに関しては、SNSで「順番を待たないと遊べない」といった情報を目にしていたため、かなり不安がありました。そして実際にプレイして、不安は現実のものとなりました。

 ストリーミングで遊ぼうとすると「順番待ちの状態になりました」と表示され、そのまま指定の時間になるまで遊べません。他のレトロゲームをダウンロードして遊びながら待っていると、時間通りにお目当てのゲームがプレイ可能になりました(その際、それまで遊んでいたゲームは強制終了になりました)。しかしプレイ開始後すぐに回線速度の低下によりゲームはストップ。また何十分も待つことになりました。

 回線速度に関してはボクの家のネット環境が原因なのかもしれませんが、いちいち遊ぶまでに時間がかかるのは結構なストレスです。遊びたいときに遊べないのは個人的には致命的なんじゃないかと思います。

 ただ、この順番待ちについては、プレイしている人が少ない時間を選べば発生しないようで、ボクは平日の日中ならすぐにプレイできました。とはいえ遊ぶ時間を選ぶこと自体が面倒ですし、遊ぶ時間を自由に作れない人にとっては不便。もっと気楽に遊べるようになってほしいと思います。

 ここまでストリーミングについての不満ばかり述べましたが、現在ボクは「TOKYO JUNGLE」というストリーミングのタイトルにハマっていて毎日遊んでいます。こういった自分が今まで触れてこなかった良作に出会えるのは今回のPSPlusの新プランの大きな魅力。ダウンロードで遊べるソフトはストレスもないので、迷ってる方は短期間でも試してみてはいかがでしょうか。

●著者紹介:サダタロー

1998年にテレビ番組「トロイの木馬」出演をきっかけに漫画家デビュー。代表作は「ハダカ侍」(講談社、全6巻)、「ルパンチック」(双葉社、1巻)、「コミックくまモン」(朝日新聞出版、既刊7冊)など。現在、熊本日日新聞他で4コマ漫画「くまモン」を連載中。Pixivはsadataro、Twitterは@sadafrecce。

●連載:サダタローのゆるっと4コマ劇場

漫画家のサダタローさんが、世界初の電脳編集者「リモたん」と一緒に話題のアレコレについてゆる〜く語る4コマまんが新連載。たぶん週末に掲載します。連載一覧はこちら。過去の連載はこちらからどうぞ。