とうとう登場したAPS-Cサイズセンサーの「EOS R」。ソニーの「α」やニコンの「Z」が同一マウントでフルサイズセンサーとAPS-Cセンサー機をラインアップに入れてくる中、もともと別ラインとしてAPS-Cセンサーのミラーレス一眼「EOS M」シリーズを展開していたキヤノンはどうするのか、とその筋の人たちが思っていたところ、RFマウントのAPS-Cセンサー機が来たのだ。

 これは注目するではないか。

 APS-CサイズセンサーのEOS Rはどんなものなのか。EOS Mより優れているのか。その第1弾である「EOS R7」はどんなコンセプトを持って登場したのか、触りながら探っていこう(注:今回の機材は試作機によるもので、最終製品とは異なる可能性があります。また、試作機のため作例は縮小したものとしております。ご了承ください)。

●新しいサブ電子ダイヤルは良いアイデア

 EOSの7といえば、一眼レフの「EOS 7D」。APS-Cサイズセンサー搭載機の最上位モデルで、高速なAFと高速連写をウリに登場した。

 EOS R7もそのコンセプトを受け継いでいるといっていいだろう。APS-Cサイズセンサーながら約3250万画素の高画素センサーを搭載しつつ、EOS R5/R6ゆずりの賢くて速いAFと高速連写機能を搭載した本格派のモデルだ。

 とはいえAPS-Cサイズセンサー搭載によってボディはよりコンパクトになり、価格も「EOS R6」に比べてかなり抑えられた。小型軽量でお手頃な価格でEOS Rの高性能を手にできるカメラといっていいだろう。

 フルサイズ機のEOS R6(約680g)とAPS-Cサイズ機のEOS R7(約612g)ではボディの重量差は68gしかないけど、手にするとかなり軽く感じる。

 正面から見ると、マウントに対してセンサーサイズが小さいのがよく分かる。上位機と同様、電源オフ時に自動的にシャッターが閉まる構造もレンズ交換時にいい。

 マウントの向かって左下にAF/MFレバーが追加されたのにも注目。ここのボタンは「ONE SHOT/SERVO」の切替えに割り当てたい感じだ。

 操作系はEOS R6をベースによりコンパクトなボディに合わせて改良した感じ。

 上から見ると、右手に電源スイッチがある。電源スイッチを右手だけでオンオフできるのはよい。さらに動画モードもこのスイッチで切り替える。動画をよく撮る人には電源オンと同時に動画モードにできていいけど、そうじゃない人には誤って動画モードにしちゃいやすいので微妙かも。

 さらに背面を見るとEOS R7ならではの工夫が見てとれる。EOSといえばモニターの右にあるくるくる回すサブ電子ダイヤルが特徴なのだが、R7はその場所が大きく移動した。モニター右上のマルチコントローラー(十字スティック)と同軸になったのだ。

 これはすごくいい。くるくる回すのと、スティックでくりくり動かすのを同じ場所でできるし、親指的にも自然な位置だ。親指をそこにもっていくクセさえつければ、十字スティックもサブ電子ダイヤルもさっと使える。

 ただ、慣れないうちは昔のくせでモニターの右側に指を持っていって「あ、ここじゃないんだった」となるわけで、サブ電子ダイヤルの使用頻度は高いので、他のEOSと併用するとなると位置を間違えやすいかも。

 背面全体の印象は基本的にはEOS R6と変わらない。

 背面モニターはバリアングル式。まあその辺は普通にEOSだ。

 また、上位機なのでSDカードスロットはデュアルだし、防塵防滴にも対応している。

●EOS R7を持つと望遠で動体を撮りたくなる

 では撮影しよう。

 レンズキットで用意されているAPS-Cセンサー用のRF-Sレンズは18-150mmの高倍率ズーム。

 イマドキの標準ズームは広角端が35mm換算で24mm相当がポピュラーになっており、「18mm」スタート(35mm判換算で29mm相当)なのはちと残念ではあるけれども、ボディ内手ブレ補正と協調して最高7.0段分の手ブレ補正効果を発揮してくれるし、レンズのデザインも大きなマウントからシュッと少し細くなっているところなんざなかなかいい。

 約310gでR7に装着して構えてみるとかなり軽く感じる。

 ファインダーは約236万ピクセルのEVFとハイエンド機に比べると高くないし、背面モニターも162万ピクセルであるが、小型軽量やコストとの兼ね合いを考えると、悪くないかなと思う。ボディのみで20万円弱なのだ(キヤノンオンラインショップ価格)。

 AFは「EOS R3ゆずりの高精度な被写体認識能力」だそうで、実際、すごく優秀。人物は瞳だろうが後ろ頭だろうが認識するし、動物も確実に捉えてくれる。例えば動物優先にしていても、構図に動物がいなくて人物がいたらそっちを捕まえてくれるのはありがたい。

 また、ターゲット追尾AFをオンにしておけばけっこうな確率で追尾してくれるので、動体には強い。

 しかも、連写も強力。

 メカシャッター時で秒15コマ(これは超速い)、電子シャッター時は秒30コマ(もちろんAF/AE追従)の超高速連写が可能なのだ。

 動体のAFと連写に強いとなると、超望遠撮影したくなるよね。そこで登場するのが以前紹介した(リンク)100-400mm F5.6-8。フルサイズセンサー用のRFレンズなのだけど、これがコンパクトで軽いので、EOS R7に似合うのだ。これの登場を見越して設計されたんじゃないかと思うくらい。

 持ったときの重量バランスもいい。EOS R7につけると160-640mm相当の超望遠になるので遠くの動体を撮るのにおすすめだ。望遠端でF8と暗めではあるが、被写体検出AFや連写と組み合わせると、実に強力。

 小型軽量の超望遠システムが欲しい人にはたまらない組み合わせである。

●自動水平補正はスナップ写真によし

 逆に静体……って言い方は変だけど、風景やスナップ、建物などを撮るときに大変重宝する機能も付いた。これを使うと高速連写ができなくなるけど、その代わり別の支援が提供されるのだ。

 それが自動水平補正。

 ボディ内手ブレ補正の回転補正を利用して、自動的に水平を保ってくれるというもの。もちろん角度には限界があるけど試してみたら、ギリギリ±3°くらいまでいけそうだ。

 画面上に水準器を出し、それが水平を保っていられる間は(ラインが緑色になる)自動的に水平を保ってくれる。

 これが日常のちょっとした街のスナップなんかにすごく便利なので、いつでもオンオフできるようボタンに割り当ててしまった。

 ちゃんとファインダーを覗いて撮るときはともかく、モニターを開いてちょっと不自然な体勢で撮ったりすると、1°くらいはあっけなく傾いちゃうものだから。経験的に±3°あれば問題ないと思う。

 これなんか少し低い位置にあるあじさいの高さに合わせてモニターを開いて(無精して)立ったままさくっと撮ってるんだけど、ちゃんと水平取れているもの。

 なのでスナップ用のミラーレス一眼としても優秀なのだ。

 スナップ用って考えると、キヤノンが昨今ラインアップしている薄型軽量の単焦点レンズが似合う。ほんとに似合う。

 今回は50mm F1.8を合わせてみた。

 見ての通り、薄くて軽いのでEOS R7によいのだ。しかもポートレート用としてほどよい画角になる。

 望遠スナップを楽しむのもいいし、手ブレ補正も強力なので、スローシャッターでも手持ちで行ける。

 さらにはHDR PQに対応していたり(ただし10ビットカラーで保存するため、JPEGではなくHEIFかRAWになる)、RAWバーストモード(プリ撮影に対応した超高速連写機能で、1枚のRAWデータとして記録される)を持つなど、ちょっと扱いがややこしくなるが最新の機能にも対応している。

 あらたにアクセサリーシューに拡張用の接点が設けられた「マルチアクセサリーシュー」になったのも要注目だ。これによりカメラからアクセサリーへの電源供給や高速データ通信が可能になり、専用のマイクロフォンやスマートフォンリンクアダプターや専用のスピードライトトランスミッターなどが用意された。

 特に本格的な動画撮影をする人にうれしい拡張性だ。

 動画に関しては、4Kの60fpsにまで対応しており、Canon Log3での撮影もできる。

 かくして、EOS R7は小型軽量でなおかつ動く被写体にもスナップにも強く、使い勝手もいいあなどれないカメラだったのだった。

 しかもかなりコストと性能のバランスをうまく取ってる印象で、価格面でもいい感じだ。

 フルサイズセンサー機に比べて機動力や価格面で優れており、さらにフルサイズセンサー機と同じマウントということで使い分けたりステップアップしたりが望める点でもいい。

 特に手持ち望遠を楽しみたい人におすすめしたい。