NTT(持ち株会社)は6月24日、NTTグループ社員が、日本全国どこからでもリモートで働ける制度「リモートスタンダード」を7月1日に導入すると発表した。勤務場所は基本的に「社員の自宅」とし、会社の通勤圏に住む必要をなくす。

 リモートを基本にしつつ、出社とのハイブリッドが前提。「転勤や単身赴任を伴わない働き方を拡大する」としている。

 当初の対象は、NTT、NTT東西地域会社、NTTドコモ、NTTデータ、 NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアといった国内の主要グループ会社本体社員の約5割程度。

 リモートワークを基本とする業務運営が可能な組織を「リモートスタンダード組織」とし、その組織の社員を対象に適用する。社員本人の希望や業務内容に応じ、個人単位での適用や適用除外も可能だ。出社時の交通費は支給する。