MMD研究所は6月30日、楽天モバイルの月額料金0円から使えるプラン「Rakuten UN-LIMIT V」廃止について、発表後の実態調査結果を発表した。調査はインターネットで実施、18〜69歳の男女2万5000人のうち、スマートフォン利用者2万2770人を対象に行った。

 メインで利用している通信サービスを聞いたところ、domocoが29.4%、auが19.0%、SoftBankが12.2%、Rakuten UN-LIMITが8.2%。オンライン専用のahamo(4.5%)、povo(1.9%)、LINEMO(0.9%)や、サブブランドのY!mobile(8.7%)、UQ mobile(5.7%)を合わせると、4キャリアのシェアは90.4%に達したという。

 サブで利用している通信サービスについては、Rakuten UN-LIMITが20.0%、docomoが18.4%、auが14.4%、SoftBankが9.9%。オンライン専用は、povo が3.9%、ahamoが2.8%、LINEMOが2.3%。サブブランドのY!mobileが6.1%、UQ mobileが4.3%と、合わせて82.2%という結果になった。

 楽天モバイルメインユーザー(n=1872)に、Rakuten UN-LIMITの利用データ量について聞いたところ、1GB以下が48.9%、2〜5GBが22.1%、21GB以上が10.7%と続いた一方、利用していないと答えたユーザーは2.7%。サブユーザー(n=432)にも同様の質問をしたところ、1GB以下が62.8%、2〜5GBが9.9%、21GB以上が8.2%で、利用していないユーザーは11.1%だった。

 楽天モバイルによる0円プラン廃止後のRakuten UN-LIMITの利用動向については、メインユーザーで継続と答えた人が65.4%、他社への乗り換えは29.0%、解約は5.7%。サブユーザーでは、継続が34.6%、他社への乗り換えが32.7%、解約は32.6%と、メイン・サブ利用いずれも、約3割のユーザーが他社への乗り換えを検討していることが分かった。

 乗り換えを検討している楽天モバイルユーザーに、移行先について聞いたところ、メインユーザーの67.1%、サブユーザーの75.4%が乗り換える通信会社をすでに決めていると回答。メインユーザーでは、povoが36.8%と最も多く、次いでUQ mobileが9.1%、OCN モバイル ONEが7.8%となった。サブユーザーは、povoが44.0%と最も多く、LINEMOが11.2%、SoftBankが5.6%と続いた。