複雑化が進むIT業界。新卒や他業界からの転職組では、PCやソフトウェアの使い方、業界用語などで分からないことも少なくない。本連載では、デキるITビジネスパーソンなら誰もが知っている基礎知識をクイズ化。仕事を円滑化するヒントとして発信していく。

SIMカードの「SIM」って何の略?

●SIM=Subscriber Identity Module

 SIM(シム)はSubscriber Identity Moduleの略。「加入者識別モジュール」という意味で、小さなカード型で提供されることから「SIMカード」と呼ばれる。これをスマホなどに挿入することで、通信事業者がユーザーの情報を識別でき、音声通話やデータ通信が可能になる。

 サイズで区別することもあり、大きい順に「標準SIM」「microSIM」(マイクロシム)「nanoSIM」(ナノシム)と呼び分けられる。通常はスマートフォンなどに挿入して使うが、デバイス組み込み型のSIMも存在し、「eSIM」(イーシム)と呼ばれる。

 eSIMは、キャリア事業者がユーザーの契約情報などを遠隔操作で変更できるので、ユーザーはSIMカードを店舗で受け取ったり、自分でスマホに挿入したりせず、通信プランの利用を始められる。