米Twitterの弁護士らは7月10日(現地時間)、同社の買収を取りやめると通知したイーロン・マスク氏の弁護士に対し、取りやめは無効だとするメールを送ったことが、11日に米証券取引委員会(SEC)に提出された文書で明らかになった。

 マスク氏の弁護士、マイク・リングラー氏は8日にTwitterに送った書簡で、Twitterがプラットフォーム上のスパムアカウントの数を過小評価しており、実際の数を分析するためのデータ提供をしていないことは契約違反であり、それを理由に取引を終了すると主張した。

 これに対し、Twitter側のWachtell, Lipton, Rosen & Katz法律事務所のウィリアム・サビット弁護士は書簡で、マスク氏の取引を終了するという動きは「無効で不法」であり、マスク氏は以前の合意に「故意に、意図的に、実質的に違反した」とし、「Twitterは契約に基づく義務に違反していない」と主張した。

 「Twitterはこれまで通り、合意に基づいてマスク氏から要求された情報を提供し続け、取引を完了するために必要なすべての措置を懸命に講じる」(サビット氏)

 Twitterはマスク氏の求めに応じ、公開ツイートの膨大なデータ「firehose」を提供したと報じられた。

 サビット氏は「Twitterは、本契約に基づくマスク氏の義務を具体的に執行する権利を含む、すべての契約上、法律上、およびその他の権利を留保する」としている。Twitterはマスク氏を提訴する構えだ。

 マスク氏から公式なコメントは出ていないが、同氏は10日、「彼らは最初、私がTwitterを買収できないと言った。それから、botの情報を提供しないと言った。彼らは今、法廷で私にTwitterを買わせようとしている。そうなるとbot情報を法廷で公表しなくちゃならないのに」と笑い転げる自分の画像をツイートした。