Googleのスマートフォン「Pixel」の名は、日本でも結構浸透してきたように思う。当初は機械学習による写真のきれいさをアピールしていたが、同社ならではのAI機能を次々と実装。Pixel 6シリーズからはAI処理を強化した独自チップ「Google Tensor」も搭載し、「AIでいろいろと便利に使えるスマホ」を押し出すようになってきた。

 Google Tensorの登場により、PixelのAI機能は大幅に強化された。写真関連だけでも、画像処理速度やHDR、顔検出などの性能向上に加え、肌色を正確に表現する「リアルトーン」、手持ちで流し撮りを実現する「モーションモード」も実装。アプリ内の外国語をリアルタイム翻訳する「ライブ翻訳」、ボイスレコーダーの日本語書き起こしもその一つ。それぞれの機能は全てスマホ内で完結しており、Google TensorはAIをゴリゴリにエッジ処理するために作られたチップといえる。

 このチップはこれまで「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」などのハイエンドスマホのみに搭載されていたが、より手頃にTensorパワーを体感できるスマホが登場した。それが7月21日から予約を開始した「Pixel 6a」だ。5万3900円とPixel 6より2万円以上安価でありながら、Google Tensorを搭載。サイズもコンパクトに仕上げられており、トータルバランスは高そうに見える。

 上位機のエッセンスを小さく安く詰め込んだPixel 6aの実力やいかに。短い期間ではあるがPixel 6aの実機を触る機会を得たので、外観やカメラ性能を中心にファーストインプレッションをお届けする。

●Pixel 6シリーズ最小のハンディサイズ

 まず、Pixel 6aの外観だが、旧モデル(Pixel 5a (5G))と異なりほどよくコンパクトなボディをまとっている。大柄なPixel 6/6 Proと違い、6.1インチのOLEDパネルを搭載。横幅は71.8mm、縦は152.2mmに抑えられている。個人的“ベストハンディPixel”こと「Pixel 5」より一回り大きい程度である。

 200gオーバーの6/6 Proと違い重さは178g。カメラの出っ張りも大幅に抑えられており、手にしっくりとなじむ。ズシッと重みを感じるPixel 6の後に持つと、やはりハンディなスマホは正義だなと思い知る。

 ボディの材質は「高温で成形された3D複合素材カバーガラスとテキスチャ加工の合金製フレーム」。Pixel 6の背面「Gorilla Glass 6」と異なるが、サイドフレーム含め質感は良い。防塵防滴は上位2機種がIP68のところ6aはIP67に対応する。

 Tensorプロセッサを搭載したおかげで、体感速度はサクサクだ。スマホ用SoCの中では最速の部類ではない(むしろミドルクラスとハイエンドクラスの中間)のだが、普段使いではパフォーマンスは十分。前モデルのPixel 5a (5G)に搭載されていた「Snapdragon 765G」と比べると、CPUは80%ほど、GPUは370%ほどパフォーマンスが向上しているという。バッテリー容量も4410mAhあり、短期間での使用ではあるがバッテリー持ちに不満を覚えることはなかった。

 その他、細かいところとしてはFeliCa(おサイフケータイ対応)、セキュリティコプロセッサ「Titan M2」を搭載する他、Google純正スマホらしく、5年間の「Pixel アップデート」が保証されている。使い勝手とセキュリティ面も手堅い。

●「廉価版」とは言わせない実に良く写るカメラ

 PixelのAシリーズと言えば、カメラ性能は通常モデルと同じまま、SoCやメモリのランクを下げて低価格化を図ったものが多かったが、6シリーズから方針転換しており、6aのSoCは上位機種と同じものを使用している。一方で変わったのはメインカメラだ(超広角カメラ/インカメラは6と同じ)。

 それが1220万画素の広角カメラ。1/1.31インチの大型センサーを搭載するPixel 6/6 Proと異なり、1ピクセルあたりのピッチ幅は1.4μm(6/6 Proはピクセルビニング処理で1250万画素、2.4μm相当)とより小型のセンサーであることが分かる。スペックは、Pixel 3から5/5a (5G)まで歴代使われてきた広角カメラと一致しており、6aにも同じものが搭載されている可能性が高い。

 スペックだけを見ると「なんだPixel 6よりも画質は劣るのか」と思われるかもしれないが、全くそんなことはない。ディティール、ホワイトバランス、HDR、夜景モード、超解像ズーム含め、写りはPixel 6と遜色ない。ポートレートモードも、ピント面とボケ面がきれいに分離されクオリティは高い。これはGoogle Tensorのパワーに加え、内蔵された独自のISPも寄与しているのだろう。ここでいくつかPixel 6とPixel 6aの作例を紹介したい。

 小型センサーには大型センサーにないメリットがある。一般的にセンサーが大きいほど1ピクセルあたりの集光効率が上がり、高感度やダイナミックレンジに有利とされている。一方で、小さいほど最短撮影距離がより短くできるため、被写体に近づけるようになる。そしてレンズ設計にも余裕があるため、寄っても周辺が滲んだり流れたりしない。作例は間に合わなかったが、寿司とかをアップで撮るのにちょうど良い。

 そもそも3の頃からPixelのカメラには画質に定評があった。Pixel 5a (5G)は、海外の著名YouTuberが行ったブラインドテストで、iPhone 13 Proや上位機種のPixel 6 Proに画質面で勝利している。個人的にも、歴代のPixelは色乗りといい、ポートレートモードの被写体のシャープさと生成されるボケ味といい、寄れる使い勝手の高さといい重宝していた。これは、古いセンサーをしゃぶりつくすGoogleの画像アルゴリズムが優秀であることの証でもある。

 ただし、6と6aに全く差がないわけではない。センサーの素性が出てくるのが夜の動画撮影だ。複数枚の写真をもとに画像処理をかける夜景モードと違い、動画は最大毎秒60フレームで常時読み出す必要があるため、後処理ができず、センサーの高感度性能が直に響いてくる。夜の公園でテストしたところ、暗部のノイズや精細さは大型かつ新型センサーを搭載した6の方に軍配が上がった。

 カメラ機能も一部だけだが制限されており、先述のモーションモードは6aには搭載されていない。Googleは以前、同機能はGoogle Tensorチップだから実現できた機能と説明していたが、実装されていないことから、後述のメモリ容量が影響しているのかもしれない。それ以外の「消しゴムマジック」や「リアルトーン」など、GoogleのAIを活用したカメラ機能は一通り利用できる。

●カメラ以外で気になる点も・・・・・・

 廉価版なりのスペック差もある。大きなところでは、メモリ容量が6GBに抑えられている点だ。ミドルクラスのスマホでは平均的な容量のため、基本的な使い方で困ることはほぼないだろうが、重めのアプリやゲームをプレイするのであれば、8/12GBのメモリを搭載するPixel 6/6 Proをオススメする。

 6aのディスプレイも、上位モデルみたく90Hzや120Hzのハイリフレッシュレートには対応していないため、操作のヌルヌル感を体感しづらい。レスポンス自体はサクサクで十分だが、同価格帯のミドルクラスでも90〜120Hzのパネルを採用している機種もあるため、次期モデルでアップデートが入るとうれしい。

 ワイヤレス充電/リバースワイヤレス充電に対応しないのも、気になる人はいるだろう。これは歴代のaシリーズ共通の仕様で、ワイヤレス充電をよく使うユーザーからすると、メインスマホとして使いづらい大きな要因だったりする。その他、5a (5G)にはあったイヤフォン端子もなくなっている。

 ディスプレイに内蔵された指紋認証センサーも気になる部分だ。実は、Pixel 6シリーズの指紋認証センサーには少し難があり、検知精度があまり良くないことが知られている。過去には対策アップデートも配布している。Pixel 6aの指紋センサーは6より改善しているものの、正直なところ、まだ他社と比べてロック解除がワンテンポ遅い。使用時は何も貼らずにテストしたが、保護フィルムを貼ると検知精度が下がる可能性もある。ここは継続してアップデートの配布をお願いしたい。

●円安時代の救世主か

 細かく気になる点はあるものの、夜の動画撮影以外は写真のクオリティも高く、全体的によくまとめられている。何よりも一番の特徴は価格設定だ。米国では449ドルで国内価格は5万3900円。米国と同じ税別で計算すると4万9000円のため、1ドル約109円で為替レートが設定されている。1ドル140円が見えている中「Google正気か・・・・・・?」と疑ってしまう値付けだ。参考までに、第3世代iPhone SEの64GBモデルは、米国では429ドルのところ、日本では6万2800円で販売している。

 記録的な円安はスマートフォンの買い方に大きく影響を与えるだろう。ハイエンド端末からミドルクラス端末に乗り換えたり、iPhoneを使っていたユーザーがAndroidに移行する機会も増えてくるかもしれない。Pixel 6も今のレートで見れば割安(Pixel 6 Proに至ってはセールで10万円を切っている)のため、価格差2万円をどう捉えるか次第だが、上位機種と同じチップを搭載して5万円台を実現したPixel 6aは円安時代の"スマホ難民”を救う可能性を秘めている。