ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は7月26日、PlayStation公式ブログを更新し、VRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR2」(以下PS VR2)に搭載する「シースルービュー」の機能や「シネマティックモード」の解像度などを公開した。PS VR2ゲームの開発者は近日配信する最新システムソフトウェアでこれらの機能を試せるという。

 シースルービューは、ヘッドセット正面にあるカメラを利用して、装着した状態でも周囲を見渡せる機能。例えばヘッドセット装着後にコントローラーを探す時などに便利だ。

 シースルービューはファンクションボタンを押すか、PS5のコントロールセンターに追加する専用メニューで起動。周囲の映像とプレイ画面を切り替えて利用できる。

 プレイエリア設定にも対応する。室内で安全に遊べる場所を設定すると、ゲームプレイ中に境界線に近付くと画面内で警告し、注意を促す。

 プレイエリアの設定はヘッドセットのカメラで室内をスキャンした後、コントローラーを操作して調整。設定したプレイエリアは保存され、遊ぶ度に設定する必要はない。

 この他、PS VR2の動作モードごとの解像度とリフレッシュレートの詳細も公開した。VRゲームをプレイする「VRモード」の解像度は片目当たり2000×2040ピクセルで、リフレッシュレートは90Hzまたは120Hz。

 一方、PS5のシステム設定やVR非対応ゲームのプレイ、メディア再生などに適した「シネマティックモード」は1920×1080ピクセル(フルHD)。リフレッシュレートは映画に適した24Hz、動画や通常のゲーム用の60Hz、アクションゲーム用の120Hzがある。HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応する。