ここ数年、AppleはiPhone用のiOSとiPad用のiPadOSのソフトウェアメジャーアップデートを9月の同時期にリリースしてきた。今回、AppleはiOS 16については通常の時期に提供する予定だが、iPadOS 16に関しては10月まで提供しない計画だと、Bloombergが伝えている。

 遅れる理由に関しては、少なくとも一部についてはiPadのマルチタスク機能のオーバーホールを目的とした野心的な取り組みが関係しており、それは「ステージマネージャ」機能の完成度を上げるためだとの予想だ。

 iOS 16とwatchOS 9は9月に提供が開始され、iPadOS 16はmacOS Venturaと同じ10月の提供開始になるようだ。

 この変更により、iPadOS 16のリリースは、M2チップを搭載したアップデート版のiPad Proと、USB-Cポートを搭載したより高速なエントリーレベルのiPadを計画しており、新しいiPadのハードウェアの発売と近くなるかもしれないという。

[Mac OTAKARA]