非営利調査機関の米Pew Research Centerは8月10日(現地時間)、米国在住の若者(13〜17歳)のインターネット利用についての調査結果を報告した。

 使っている若者が最も多いサービスは米Google傘下のYouTube。調査対象の95%が利用していると答えた。次は中国ByteDance傘下の米動画共有サービスTikTokで67%、米Meta傘下のInstagramが62%で3位、米SnapのSnapchatは僅差の59%で4位だった。

 Pewが2014〜2015年に実施した同様の調査では71%でトップだった米Facebook(当時、現在のMeta)のFacebookは32%で5位、6位は米TwitterのTwitter(23%)、それに米Amazon.comのTwitch(20%)、MetaのWhatsApp(17%)、Reddit(14%)、Tumblr(5%)が続く。当時の調査ではYouTubeは選択肢に入っていなかった。

 2018年の調査ではYouTubeが既にトップで、2位はInstagram、3位はSnapchatだった。

 TikTokが米国で登場したのは2018年の8月だった。

 サービスを「ほとんど常に(almost constantly)使っていると答えた若者の率の高さのランキングは、YouTube、TikTok、Snapchat、Instagram、Facebookという順だった。YouTubeは19%で、およそ5人に1人が「ほとんど常に」YouTubeを訪れているということになる。

 使うデジタル機器としては、スマートフォンが95%、PCは90%、ゲームコンソールは80%だった。

 「ほとんど常に」オンラインに接続していると答えた若者は2014〜2015年は24%だったものが、約倍の46%になった。

 この調査は、2022年4月14日〜5月4日に、1316人の米国の13〜17歳の若者を対象にオンラインで実施された。年齢、性別、人種、民族、世帯収入、その他のカテゴリ別に、親と同居する13〜17歳の米国の若者を代表するように重み付けされている。