米Googleは8月15日(現地時間)、スマートフォン向け最新OS「Android 13」を正式リリースした。同日より、「Pixel 4/4 XL」以降のPixelスマートフォンに展開する他、2022年後半にはソニー、シャープ、Samsung、Xiaomi、Oppo、ASUSなどの各メーカーでもAndroid 13が利用可能になるとしている。

 Android 13は、12に引き続きデザイン言語「Material You」を採用。サードパティアプリのアイコンなど、テーマや壁紙と同じトーンにカスタマイズ(アプリ側の対応が必要)できるようになった他、アプリごとの言語設定の変更、メディアプレーヤーの刷新、睡眠を妨げないベッドタイムモードの強化などが含まれている。

 プライバシー面では、アプリにメディアライブラリ全体ではなく、写真や動画など一部のみを渡すことができるようになった他、メールアドレスや電話番号、ログインの資格情報など重要なデータがクリップボードに保管されても、一定期間後に履歴を自動で消去。通知も管理でき、必要なアラートのみを受け取ることができるようになる。

 デバイス間連携では、スマホのメッセージアプリをChromebookから返信できるようになった他、ヘッドトラッキング対応の空間オーディオ、Bluetooth LEオーディオをサポート。タブレット向けの機能として、Androidスマホとタブレット間でのURL/テキスト/画像/動画の共有、マルチタスク強化、スタイラスペンの精度向上(パームリジェクション)などを実装している。