「公家モンGO」に「Heike Insei Order」「KamaClubhouse」──どこかで見たようなアプリアイコンをパロディーしたスマートフォンのホーム画面がTwitterで話題だ。画像は、NHKのSF時代劇「義経のスマホ」の公式アカウントが投稿したもの。再放送に先立ち、劇中に登場するスマホのホーム画面を投稿したところ、「芸が細かい」などとファンを中心に話題を集めている。

 投稿した画像には他にも、Instagramが元ネタとみられる「Kugestagram」をはじめ、TikTokのような「Tengtok」、AbemaTVのような「AbenoTV」などが並んでいる。マップアプリは「合戦図」、LINEは「FUMI」に。8月18日時点で、画像を添付した投稿には約5000の「いいね」がついている。

 画像が登場する「義経のスマホ」は、5月から6月にかけてNHKが放送。「もし歴史上の人物がスマホを持ったら」という設定を特徴としたSF時代劇シリーズの一作だ。

 主人公はスマホを手放せない陰気な性格の源義経(演:川栄李奈)。兄・源頼朝の元に参上し、カリスマである兄に影響されネット上で話題を集めていくも、「未読スルー」をきっかけに非業の最期を遂げるというストーリーだ。全8回で、放送時間は1話5分程度。

 今回の画像は、同作が8月24日に再放送することを受けて投稿した。再放送版では物語を源頼朝視点で描いた20分の新映像を追加。頼朝のスマホのホーム画面も登場するという。

 今回話題の画像も、劇中の頼朝が持つスマホの画面とみられる。NHKが公式サイトに予告として掲載しているスマホのホーム画面とUIなどが一致するからだ。実際、義経が持つスマホのホーム画面として同アカウントが5月に投稿した画像と比べるとアイコンのバリエーションやレイアウトに変化がある。

 再放送は8月24日午後11時45分から。シリーズ作品である「光秀のスマホ」「土方のスマホ」もそれぞれ23日午前1時42分、24日午前2時25分から再放送する。