米Appleが9月7日(米国時間)に「iPhone 14」シリーズを発表した。6.1インチの「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」と、6.7インチの「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro Max」の4機種。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。

●ほぼ一緒? 「iPhone 14」と「iPhone 13」の違い

 ベースモデルであるiPhone 14から見ていこう。iPhone 13と比べて外観の違いはほぼないものの、小型なminiが消え、6.1インチの無印と、miniの代わりに6.7インチのPlusが登場した。Plusの名前は「iPhone 8 Plus」以来の復活である。これまで大型モデルを選ぶには「Pro Max」を選択するしかなかったが、より安価に大画面が欲しいというニーズに応えられるようになった。

 これまで世代を重ねるごとにアップデートされてきたチップだが、iPhone 14では珍しく据え置きで、2021年に発表された「A15 Bionic」を採用する。といっても、iPhone 13に搭載された4GPU版ではなく13 Proと同じ5GPU版で、僅かながらiPhone 13よりもパフォーマンスはアップしそうだ。なお、後述のiPhone 14 Pro/Pro Maxは「A16 Bionic」に刷新されている。

大型センサーに明るいレンズ

 iPhone 14のカメラは、広角1200万画素、超広角1200万画素のデュアル構成で、外観含めパッと見iPhone 13との違いはない。しかし、中身は刷新されており、広角カメラはピクセルピッチが1.9μmと大型のイメージセンサーを搭載。F1.5のレンズと合わせてより多くの光を取り込めるようになった。13と同じく、センサーシフト方式の手ブレ補正も内蔵する。

 インカメラ「True Depth Camera」はF1.9のレンズを搭載し、13と比べて暗い環境での撮影を38%改善。iPhoneでは初となるオートフォーカスに対応した。

 iPhone 14では、新たに「Photonic Engine」を搭載。複数の画像を合成することでノイズを高いレベルで除去できる「Deep Fusion」を進化させたもので、圧縮していない画像パイプラインに適用することで、より多くの色をレンダリングできるようになった。例えば、iPhone 13のフロントカメラ/超広角カメラと比べて、低照度時の写真は「2倍改善」。メインカメラでは「2.5倍改善」している。

 動画機能も強化された。新たに「アクションモード」を搭載。走ったり激しい運動をしている状態でも安定したビデオ撮影を実現する。ただし、解像度は2.8K(60fps)と小さめであることに注意したい。映画のようなボケ味とピント送りを実現する「シネマティックモード」は、フルHDに加えて4K/30fpsもサポートした。

衛星通信に対応

 iPhone 13にない大きなトピックとしては衛星通信が挙げられる。これは独自アンテナを内蔵して実現したもので、モバイル回線が圏外でも衛星通信を介して緊急通報ができるというもの。米国とカナダで2022年11月から提供を開始予定だ(日本での提供は現時点では不明)。

 Apple Watchにも搭載された、衝突事故検知機能がiPhone 14でも利用できるようになった。これは、加速度センサーやジャイロスコープ、エアバッグが開いたときの車内の気圧変化、衝突時の音などから、所有者が自動車事故にあったと判断。自動で緊急通報する機能だ。

 その他インタフェース周りでは、SIMスロットがなくなり米国モデルではeSIMオンリーになった(日本モデルはSIMスロットあり)程度の変化である。どちらも無接点充電の「MagSafe」に対応し、インタフェースにLightningを採用する点はiPhone 13と変わりない。

 サイズは、厚み以外同一だ。iPhone 13より0.15mm厚い7.8mmだが、重さは1g軽い172g。新しく追加された14 Plusは、78.1(幅)×160.8mm(高さ)×7.8(厚さ)mmと、後述のiPhone 14 Pro Maxとほぼ同じサイズ感だが、異なるのが重さ。Pro Maxは240gとヘビー級なのに対し、14 Plusは203gと14 Pro(206g)よりも抑えられている。

 価格は、miniがラインアップから消えたので、無印モデルのみの比較になるが、iPhone 14の128GBモデルが11万9800円、256GBモデルが13万4800円、512GBモデルが16万4800円と、iPhone 13の同容量モデルから2000円ずつ値上げされている。Plusは、それぞれ13万4800円、14万9800円、17万9800円。

 参考までに、7月の値上げ以前のiPhone 13の価格も記載しておく。128GBモデルは9万8800円、256GBモデルが11万800円、512GBモデルが13万4800円となっていた。円安恐るべしである。

●画素数4倍の新カメラに新チップの「iPhone 14 Pro/Pro Max」

 今度はiPhone 14 Pro/Pro Maxと、前モデルの13 Pro/Pro Maxとの違いを見てみる。

 外観上でパッと目につくのがFace IDの形だ。これまではノッチとして画面上部を占領していたが、Face IDとインカメラが統合され、パンチホールタイプとなった。このパンチホールを拡張する形で情報を表示する「ダイナミックアイランド」も新たに搭載される。

 Super Retina Display XDRは、新たに常時表示に対応。輝度とリフレッシュレートをコントロールし、省電力を維持しつつ情報を常に表示し続けることができる。輝度は、屋外使用では2000ニトに到達。HDR表示はピーク時で1600ニト。最大1200ニトだった13 Proから大幅に引き上げられた。

 チップは、A15 BionicからA16 Bionicに刷新。2つの高速コア、4つの省電力コア、5つのGPUとコアの構成は同じだが、メモリ帯域が50%拡大されている。ただし、パフォーマンスはA15から大きく向上したわけではなさそうで、イベントではA13 Bionicとパフォーマンスを比較していた。プロセスルールはAppleとして初めて4nmを採用する。

カメラは大幅に強化

 14 Pro/Pro Maxの広角カメラには、13 Pro比で65%大きいiPhone史上最大のイメージセンサーが搭載された。Appleは、2015年発表のiPhone 6sから1200万画素にこだわってきた(センサーの世代は最新にアップデート)が、14 Proでは4800万画素に対応。クアッドベイヤー仕様で、4つのピクセルを1つに統合することで、2.44μmの1200万画素センサーとして記録できる。通常は1200万画素として記録されるが、RAWモードであれば4800万画素フルでの撮影も可能だ。

 広角レンズは26mm相当から24mm相当に若干広くなっている。レンズの絞りは、F1.5からF1.78と若干暗くなっているが、センサーサイズの拡大、先述のPhotonic Engineにより、低照度撮影で13 Proと比べて「2倍改善」しているという。Pro/Pro Maxは、13mm相当のF2.2超広角カメラ、F2.8の望遠カメラを搭載するが、低照度性能はそれぞれ「3倍」と「2倍改善」したとする。インカメラは14と同じF1.9でオートフォーカス対応のもの。

 個人的にうれしいのが2倍ズームだ。4800万画素から中央の1200万画素を切り出すことで、デジタルズームと異なるフルの1200万画素で記録できる。13 Proでは、26mm相当の広角と77mm相当の望遠を埋める中望遠のカメラが存在せず、50mm前後はデジタルズームで撮影するしかなかったが、14 Pro/Pro Maxでは、2倍ズームでもより高精細な撮影が可能となった。

 代わりに動画性能のアップデートは思ったよりも控えめだ。4800万画素のセンサーを搭載するものの、Androidの競合モデルで一般的となった8K撮影には非対応。iPhone 13 Proで採用されたProRes収録も4K30fpsで変わりない。ただし、iPhone 14で搭載されたアクティブモードや4K30fpsのシネマティックモードは、14 Pro/Pro Maxでも利用可能だ。

 インタフェースは、Lightningを引き続き採用する。画素数アップやProRes収録など、撮影データ量が重くなる最近のiPhoneだが、13 Proと同じくUSB 2.0でしか接続できないとなると、データの移行などで不満が出てくる。せめて、一時期iPad Proに搭載されていたUSB 3.0版のLightning端子を採用してほしい。

 サイズはほぼ変わらないが、14 Proは前モデルから3g増の206g、14 Pro Maxは2g増の240g。厚みも0.2mm増えている。その他、iPhone 14で新たに搭載された、衛星を介した緊急通報と衝突事故検知機能も利用可能だ。

 価格は、iPhone 14 Proの128GBモデルが14万9800円、256GBモデルが16万4800円、512GBモデルが19万4800円、1TBモデルが22万4800円。iPhone 14 Pro Maxでは、128GBモデルが16万4800円、256GBモデルが17万9800円、512GBモデルが20万9800円、1TBモデルが23万9800円。7月の価格改定後の13 Pro/Pro Maxより、それぞれ5000円引き上げられた。

●無印とProモデルの差がよりハッキリしたiPhone 14シリーズ

 iPhone 14シリーズでminiモデルは消滅し、6.1インチの標準モデルと、6.7インチの大型モデル2種類を無印、Proそれぞれ用意するラインアップに切り替わった。2つのサイズから目的やスペックに応じて選ぶ形になる。

 iPhone 14は手堅く進化した1台だ。iPhone 13 Proと同じ5GPU版の「A15 Bionic」に、大型化されたセンサーサイズと、Photonic Engineで強化されたカメラ、手ブレを大幅に抑えるアクティブモードなど、使い勝手が良いアップデートが豊富だ。衛星通信など、画期的な機能を搭載しているのも見逃せない。

 一方で、円安による価格高騰も響く。ベーシックな128GBのモデルですら11万9800円とAndroidのハイエンドクラスに届く価格だ。ここで浮かんでくるのが「iPhone 13を買う」という選択肢。実は、iPhone 14発表と同時にiPhone 13が値下げされており、国内でも128GBモデルが1万円引きの10万7800円で買えるようになった。

 衛星通信は現時点だと日本では使えず、日本版のiPhone 14シリーズは引き続き5Gのミリ波通信に対応しない。インタフェースもUSB-CではなくLightningだ。こうなると、A15 Bionicを搭載し、すでに高いレベルの写真撮影と4K60fpsでのHDR撮影が可能なiPhone 13で「十分」と感じる人も出てくるだろう。何より、14にはないminiもラインアップに残されており、こちらは9万2800円から購入できる(14発表と同時に7000円引き下げられた)。

 iPhone 14 Pro/Pro Maxは、13 Proだけでなく14/Plusとも差別化がより図られている。SoCはA16 Bionicに刷新され、メインカメラに4800万画素の大型センサーが搭載された。Photonic Engineにより、写真品質が大幅に引き上げられるのも見逃せない。ディスプレイもアップデートされており、ピーク輝度はiPhone 13 Proの1200ニトから2000ニトに引き上げられた。昔言われた「有機ELは輝度が出ない」というのもすでに過去の話だ。

 一方でやや不満が残るのが動画撮影周りだ。iPhone 14と同じアクティブモード、シネマティックモードの4K対応などは新しいポイントだが、高性能プロセッサ、高画素センサーと条件はそろいつつも、Androidのハイエンドクラスではすでに実現している8K撮影に対応しなかった。ProRes収録も4K30fpsで変化がない。

 ここらへんはiPhone 15(仮称)を待って、iPhone 13 Pro/Pro Maxを選ぶのも一つの選択肢だが、あいにく13 Pro/Pro Maxは、iPhone 14シリーズ発表と同時に販売終了となった。

 今回のiPhoneはさらに円安の波が押し寄せている。Appleは、7月にiPhone 13シリーズの価格を改定。1ドル131円前後にレートを引き上げたことで、最大4万円の値上げに至ったが、今回さらにレートが1ドル136円前後に引き上げられた。ここ最近の為替レートを見ると、1ドル150円が現実的になってきており、今後さらに値上げされる可能性もないとは言い切れない。注意して購入計画を立てたいところだ。