米Googleは9月12日(現地時間)、米Appleの「iOS 16」配信開始に合わせ、iOS 16の新ロック画面に表示できるGmailやGoogleマップなどのウィジェットを発表した。向こう数週間のうちにリリースするとしている。

 iOS 16の特徴の1つはロック画面をカスタマイズできることだ。好きな写真を表示したりフォントをカスタマイズできる他、サードパーティ製を含むアプリのウィジェットを追加できる。

 ウィジェットを追加するには、ロック画面を長押しすると表示される[カスタマイズ]をタップし、[新規を追加]→[新しい壁紙を追加]で壁紙を選び、カスタマイズ画面で「ウィジェットを追加」をタップする。本稿執筆現在はカレンダーやバッテリー、フィットネスなど、純正アプリのウィジェットしか表示されないが、そのうちサードパーティ製ウィジェットも表示されるようになる見込みだ。

 Googleが紹介したウィジェットは以下のものだ。

・Google検索:検索、音声検索、ショッピング、翻訳

・Chromeブラウザ:ブラウザの起動、音声検索、シークレットモードでの起動、恐竜ゲームの起動

・Googleドライブ:編集を提案されたドキュメントやスター付きファイルを1タップで開ける

・Googleマップ:リアルタイムの交通状況、自宅や職場などへの推定移動時間、近くのレストランやショップなどの表示

・Gmail:着信メール数

・Googleニュース:新着ニュースの見出し表示