米Metaは9月13日(現地時間)、FacebookグループとMessenger(旧「Facebook Messenger」)の新機能「Community Chats」のテストを数週間中に開始すると発表した。Discordのように、興味のあるテーマについて見知らぬ人々とチャットで話し合える。

 マーク・ザッカーバーグCEOは自身の趣味の1つであるサーフィンのCommunity Chatsのスクリーンショットを投稿し「同じ興味を持つ人々とつながるための新たな方法としてCommunity Chatsを構築中だ。現在10億人以上がMessengerを使って友だちと交流している。間もなく、グループとMessengerからCommunity Chatsを開始できるようになる予定だ」と語った。

 将来的には誰でもCommunity Chatsを開始できるようになる見込み。コミュニティの名前を決めて、公開か非公開かを決め、まずは友だちを招待する。

 コミュニティを公開設定にすれば、現行のMessengerのグループチャットとは異なり、見知らぬ人々と会話することになる。Community Chatsの管理者には、メッセージの削除、メンバーのブロック、ミュート、一時停止などのモデレーションツールが与えられる。管理者はカスタム基準を設定してモデレーションを自動化することも可能だ。

 Metaは、Community Chatsの提供を段階的に展開していき、ユーザーが互いに簡単に接続できるようにするための新しい機能を模索していくとしている。