ホンダは9月29日、モビリティサービス専用の自動運転車両「クルーズ・オリジン」の試作車として、日本仕様となる量産モデルのテスト走行を米国で開始した。レベル4の自動運転に対応。運転席のない6人乗りを想定している。

 この車両は、ホンダ、ゼネラルモーターズ、GMクルーズホールディングスの3社で共同開発しており、運転席のスペースを客室として使うため、広い室内空間を実現したという。低床プラットフォームで乗り降りもしやすく、量産車として世界初の左右両側の両開きスライドドアを採用する。

 3社は、クルーズ・オリジンを活用した自動運転モビリティサービスを2020年代半ばから東京都心部で展開予定。すでに2021年9月から栃木県宇都宮市・芳賀町にて、GMの「Bolt EV」をベースとした試験車両を使って技術実証を開始。今後は東京での実験や、クルーズ・オリジンを使った実証実験も検討していくという。