米Amazon.comは11月3日(現地時間)、向こう数カ月にわたり新規雇用を凍結すると発表した。「われわれは異常なマクロ経済環境に直面している」と説明する。

 2023年には、Prime Video、Alexa、Grocery、Kuiper、Zoox、ヘルスケアなどの分野には投資していくという。

 同日、米Stripeは従業員の約14%をリストラすると発表した。「2022年は異なる経済環境の始まりを表している」としている。同社の現在の従業員数は約7000人なので、約1100人が影響を受けるtのみられる。

 米Lyftも同日、従業員の13%を削減すると発表した。すべてのチームに影響があるとしている。また、車両サービス事業の売却も検討していることを明らかにした。

 この数カ月で、米Netflix、スウェーデンSpotify、米Shopifyなどもレイオフ計画を発表している。