イーロン・マスク氏による米Twitterの買収から10日。早くもTwitterにさまざまな変化が生じている。今、何が起こっているのかを、ITmediaだけでなく各社のニュースからまとめた。(最終更新:2022年11月16日9時09分)(詳細記事へのリンクは、ITmedia NEWS掲載記事からたどることができます)

●イーロン・マスク氏、Twitterの買収を完了 約6.4兆円で 上場廃止は11月8日

 マスク氏は、Twitterを440億ドル(約6.4兆円)で買収した。4月に1株54.20ドル(総額で約440億ドル)でTwitterを買収することで合意したが、その後撤回し、Twitterに提訴されていた。

 買収は10月27日(現地時間)に発効。当初の予定通り、1株あたり54.20ドルで買い取り、Twitter社は11月8日に上場廃止となった。

【詳細記事】

・イーロン・マスク氏、Twitterの買収を完了 約6.4兆円で 米紙報道 

・Twitterのマスク氏による買収完了、上場廃止は11月8日(公式)

●Twitterの新ビジネスモデル? 有料の青バッジ登場

 ビジネスモデルの変革が急ピッチで進められている。マスク氏はTwitterの認証バッジ(いわゆる青バッジ)を有償サービス「Twitter Blue」の1機能にし、同サービスを月額8ドルとする計画を発表した。10日には、青バッジの販売が米国とカナダで開始。早くも14万人が新規加入し、一時受け付けを停止している。通知欄には認証済み専用の枠も追加された。

 国内でも一部のユーザーが「利用料は日本円で月額900円だった」と報告している。また、機能変更に伴うものか、「青バッジのアカウントの名前変更ができなくなる」といった混乱も。

 これまで認証済みの意味で使われていた青バッジが、お金を払えば得られるようになったことで、早くも偽Twitterアカウントも登場している。

【詳細記事】

・Twitterの青バッジに8ドル──バイデン大統領は支払うのか?

・TwitterのiOSアプリ、11月5日付の更新で「Twitter Blue」が7.99ドルに 「青バッジをゲットしよう」

・Twitterの青認証バッジは「月額8ドルでどう?」とマスク氏 サブスク機能の1つとして

・Twitter、「青バッジはスパム対策に、知名度のシグナルとしての意味はなくなる」とロス氏

・Twitterの通知欄に「認証済み」枠が追加 Web版とiOS版

・Twitter、認証バッジのサブスク販売開始 国内ユーザーもちらほら 購入したバッジの見分け方は?

・アニメ「うる星やつら」の“認証バッジ付き”偽Twitterアカウント出現 公式が注意喚起

・有料版Twitter、利用料は月額900円? 一部日本ユーザーから報告

・Twitter Blueの新規加入者は14万人(一時受付停止中)──New York Times報道

・Twitterの「青バッジ」アカウント、名前変更できなくなる

●青バッジとは別の「Official(公式)」マークも

 8日には、認証バッジ(青バッジ)有償化後は、公式アカウントに青バッジとは別の「Official」ラベルを付与することも明らかにした。10日、実際にITmedia NEWSのTwitterアカウントにも「公式」ラベルが付与された。そのほか企業を中心に「公式」ラベルの付与が始まった。一時剥奪した「公式」ラベルだが、10日には再配布が始まっている。

 公式ラベルの混乱に乗じ、フィッシング詐欺が増えているという調査も出てきた。

 公式ラベルについては、その企業のアカウントが自社の幹部のアカウントを公式として認証できるようなシステムが検討されているようだ。

 新機能も続々発表。6日(米国時間)には、ツイートに長文テキストを添付する機能を追加すると発表した。

【詳細記事】

・Twitterに“長文添付機能”追加へ マスク氏「メモ帳スクショを終わらせる」

・Twitter、青バッジ有償化後は「Official」ラベルを授ける計画を発表

・ITmedia NEWS、Twitterの「公式」ラベル獲得 マスク氏はまだ まず企業アカウントへ展開か【追記あり】

・Twitter、付与した「公式」ラベルを数時間後に剥奪

・Twitter、剥奪した「公式」ラベルを再付与中

・TwitterのマスクCEO、新たな認証方法をツイート「最終判断はTwitterがやるしかないが」

・公式Twitterアカウント狙うフィッシング増加 青バッジの騒乱に乗じなりすまし画策か 米セキュリティ企業

●ユーザーの反応

 Twitter社内部の急速な変化に、ユーザーの間でも混乱が広がっている。米国では、セレブの間でTwitter離れが進行しつつあると、ウォールストリート・ジャーナルが伝えている。マスク氏が掲げる「言論の自由」の捉え方はさまざまで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)が拡散しかねないとの懸念もある。

 国内では、Twitterが有料化を検討中という噂に反応し、「Twitterが有料になればmixiに戻るしかないのか」という言説が拡散。Twitterのトレンド2位に入るなど話題となった。

【詳細記事】

・マスク氏買収のTwitterから脱出図る? マストドンが「負荷急増」

・Twitter上で中傷ツイート急増 「ポリシーは変更していない」と安全性責任者

・ツイッター離れ、セレブの間で進行 マスク氏買収受け - WSJ

・「Twitter有料化」なら移行先候補は“mixi”? 多くのユーザーが注目、トレンド入り

●さっそく組織変革に着手 社員50%を解雇

 買収後のマスク氏は、すぐさま組織変革に着手した。TwitterのCEO、CFO、CLO、法務顧問など9人を解任し、自身が唯一の取締役に。

 そして11月4日からは従業員の大量解雇が始まった。会社全体では約50%の人員が削減されたという。マスク氏は4日、「Twitterの人員削減は、同社が1日当たり400万ドル以上の損失を出している今、残念ながら他に選択の余地はない。解雇された全員に、法的に決められているより50%多い3カ月の退職金を提示した」とツイートした。

 さらに12日には契約社員を大量解雇。全体の8割にあたるという。

 マスク氏は10月の段階で、買収が完了したら従業員の75%を削減する計画だと投資家に語ったとされており、これを実現に移した形だ。

 一方で、拙速に解雇を進めたことで混乱も起きている。ブルームバーグは、いったん解雇した従業員の一部に会社復帰を要請したとも伝えている。

 13日には、マスク氏がTwitter上で自分に反論した社員に対し、「彼はクビだ」とツイート。波紋を呼んでいる。

【詳細記事】

・イーロン・マスク氏、Twitter唯一の取締役に CEOら9人を解任

・Twitterでの大量解雇開始 「僕のせいだ」とジャック・ドーシー氏

・イーロン・マスク氏、Twitterを買収したら従業員の75%を削減する計画

・Twitter、解雇した従業員の一部を呼び戻し 後から必要と判明した人材など 米報道

・Twitter、契約社員約5500人の8割を予告なし解雇──Platformer報道

・TwitterのマスクCEO、自分に反論したアプリ担当者との“会話”で「彼はクビだ」とツイート

●何を目指しているのか?

 そもそもマスク氏はTwitter買収で何を目指しているのか? 同氏は買収発表当初から、「言論の自由の場としてのTwitterを守りたいから買収する」としており、5月の段階でいくつかのプランを投資家向けに提示していた。

・2028年までにサブスクリプションサービスから約100億ドルの収益を上げる

・2028年までに収益を5倍の264億ドルにする

・広告への依存度を収益の50%未満にする

・2028年までに9億3100万人のユーザーを獲得する(2021年末時点のmDAUは2億1700万人)

・新たなサブスクサービス「X」を立ち上げ、2028年にはそのサービスで1億400万人のユーザーを獲得

・数百人の従業員を削減した後3600人を雇用し、2025年までに従業員を1万1072人にする(現在は約7500人)

 こうしたゴールに向けて、運用ポリシーも変更しつつある。7日、マスク氏は「Twitter上でなりすまし行為を行ったアカウントを永久停止する」とツイートを投稿した。また、マスク氏が偽情報拡散防止対策「Birdwatch」の名称を「Community Notes」に改称するとしたことをめぐり、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏とツイートの応酬になっている。

 素早く変革を進めるマスク氏は、たびたび行動や言動が公的機関との軋轢(あつれき)も呼んできた。米連邦取引委員会(FTC)もTwitter買収後の動きについて「強い懸念を持って事態を追っている」という。米紙が報道した。

 国内では、5日から6日にかけて「ニュース」欄の更新が一時的にストップ。TwitterJPがTwitter上の話題を操作していたとする意見もあり、日本のTwitterトレンドに「トレンド操作」が入った。

【詳細記事】

・「Twitterのなりすましアカウントは永久停止にする」──イーロン・マスク氏がツイート

・Twitterを買収したマスク氏、公平なモデレーションのための評議会を設立するとツイート

・Twitter買収直前のマスク氏、広告主宛に「世界で最も尊敬される広告プラットフォームになることを目指している」とツイート

・マスク氏、「Twitterの広告依存度を収益の50%未満に」など──NYTが入手したプレゼン資料より

・イーロン・マスク氏、TED 2022でTwitter買収提案について語る

・「トレンド操作」トレンド入り 大量解雇でTwitterはどう変わる? ITmedia NEWS編集部で考えてみた

・マスク氏とドーシー氏、「Birdwatch」の改称計画でツイート応酬

・「Twitterの最近の動きに強い懸念」と米連邦取引委員会(FTC)

・どうなる? イーロン・マスクという“ツイ廃”が導く混沌のTwitter