米Googleと仏自動車大手のRenault Groupは11月8日、「Software Defined Vehicle」(SDV、ソフトウェア定義型自動車)のデジタルアーキテクチャの設計と提供を目的としたパートナーシップの拡大を発表した。SDV専用のソフトウェアを共同開発し、Renaultのクラウド移行を含むDX戦略に関する相乗効果とユースケースを拡大する。

 2018年にはGoogleとRenault・日産自動車・三菱自動車との技術提携が発表されているが、今回はGoogleとRenaultのみの提携拡大。

 SDVは、Android Automotiveによる制御を前提に設計する。Android Automotiveは実質的にはAndroidとほぼ同じOSでありプラットフォーム。車載ハードウェア上で直接動作するもので、AndroidおよびAndroid Auto向けアプリの双方をサポートする。

 Renaultはまた、Googleを“優先クラウドプロバイダー”に指定する(これまでは主にAWSを採用してきた)。

 両社は高度なAIを備えた車両の「デジタルツイン」を共同で開発し、車載アプリの開発を加速させる計画だ。デジタルツインでの仮想シミュレーションでAI機能をテストすることで、車両の運用を改善できるとしている。

 最終的には運用モデル全体をクラウドに移行することで、俊敏性、性能、収益性を向上させる計画だ。

 Googleのスンダー・ピチャイCEOは発表文で「クラウド、AI、Androidの専門知識を結集して安全で高度にパーソナライズされた体験を提供することで、Renault GroupのDX加速を支援する」と語った。