11月8日、夜空が明るい東京でもバッチリ観測できる天体ショーが繰り広げられた。月が地球の影に完全に隠れる「皆既月食」がそれだ。今回は地球の中心部を通ったため月食時間が86分と長かった他、天気が良好な地域も多く、たくさんの人が赤黒く染まった月を見上げたことだろう。

 こんな素敵な天体ショーは写真に収めたくなるものだが、スマホのカメラだとどうしてもキレイに撮影できないためか、「スマホの限界」「iPhoneの限界」などがTwitterのトレンドにランクインしていた。

 それもそのはず、月を撮影するにはかなりのズーム倍率が必要な上、影の中に月がある分暗くなってしまう。手ブレなども起きやすくなるため、通常のスマホには荷が重い被写体なのは間違いない。

 しかし、カメラが進化した最新スマホならきっと月食も難なく撮れるはず……!

 ということで、最新スマホたちで皆既月食を撮り比べてみた。エントリーは編集部員の手元にあった「iPhone 14 Pro」「Pixel 7 Pro」「Galaxy S22 Ultra」の3機種。どれも最新かつズーム性能に優れるハイエンドモデルだ。

 なお、複数人で撮影したため、作例は3機種とも全く同じ時刻・位置から撮影したものではないことをご了承いただきたい。

●皆既月食をうまく撮れるスマホはどれだ!

 まずはiPhoneシリーズの最新ハイエンドモデルから紹介しよう。iPhone 14 Proは、超広角、広角カメラに加え、光学3倍・約1200万画素の望遠カメラを搭載している。デジタルズームは最大15倍まで可能だ。

 そんな最新iPhoneの結果だが、月食を撮るとそこには夜空を浮遊する“イクラ”の姿があった……。もとい、イクラのような月が写っていた。デジタルズームの画質は悪く、クレーターなどの判別は不可能。光学3倍は月を撮るにはどうしても不利になる。しかも、月食が明け始めるとピントがほぼ合わなくなり苦戦を強いられた。どうも暗いシーン中の点光源+デジタルズームはiPhoneの苦手分野らしい。

 一応擁護すると、3倍ズームは日常を「ちょっと遠くから切り取る」時には便利な画角なのである。筆者はカメラが趣味で好きな画角は中望遠域の85mm付近。iPhone 14 Proの3倍ズームは35mm換算で77mm相当とこの画角に近く、圧縮効果を効かせたスナップに最適。ずっと遠くを撮れる高倍率ズームも楽しいのだが、スナップの醍醐味を味わえるのはiPhoneの3倍ズームだと個人的に思っている。

●すごいぞ「Pixel 7 Pro」「Galaxy S22 Ultra」

 さて、次はPixel 7 Proだ。光学5倍、4800万画素の望遠カメラを内蔵しており、スペックは申し分ない。クロップすれば(1ピクセルあたりの受光面積は大幅に減るが)光学10倍の1200万画素カメラとしても機能する。さらにGoogleは超解像技術に定評があり、デジタルズームは最大30倍をほこる。

 そんなPixelの写りは申し分ない。高画素+超解像がうまく働いているようで、暗い月食でもクレーターの模様を切り取ることができた。AFの挙動も比較的安定している他、望遠撮影時は、手ブレ補正にブーストが掛かるのでピタッと被写体を止めることができる。あとはシャッターを押せば良い。しかも、一歩引いた画角を小窓として左上に表示してくれるため、望遠撮影でも被写体を捕捉しやすい(同様の機能はS22 Ultraにもある)。

 Pixelの圧勝かと思いきや、ダークホース的存在がGalaxy S22 Ultraだ。望遠カメラは2つ搭載。光学3倍に加え、1000万画素の光学10倍ズームを内蔵している。iPhoneとPixelのいいとこ取りだ。S22 Ultraでは、2つの望遠カメラとAIによる超解像技術を組み合わせ、なんと100倍のデジタルズーム「スペースズーム」を実現している。

 その100倍ズームだが、Pixel 7 Proとはまた違う写りをしていた。S22 Ultraが捉えた月は、像が3つのスマホの中でもっとも大きく浮かび上がったが、Pixel 7 Proと比べると暗さが目立つ。しかし、光量が復活する月食明けはクリアな月が姿を見せた。通常時の月だとスマホとは思えない写りを見せる。

 3つのスマホを見てきたが、どのスマホが一番かは好みが分かれるかもしれない。しかし、やはり高倍率のズームレンズを持つPixel 7 Pro、Galaxy S22 Ultraは「皆既月食を撮れるスマホ」といっても過言ではないだろう。手持ちのスマホで天体ショーを収められるとは良い時代になったと思う。

 なお、8日は天王星食も同時に発生していたが、さすがに小さすぎて捉えることはできなかった。

●ミラーレス一眼でも撮ってみた

 せっかくなので本格的なカメラでも撮ってみた。カメラは、ソニー「α7 III」+シグマ「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM」と、ソニー「α7R III」+タムロン「35-150mm F2-2.8 Di III VXD」。前者は編集長の私物なのだが、編集部のチャット欄で600mmバズーカ写真をドヤ顔で連投していたので、記事用に写真を拝借させてもらった。

 600mmの効果は抜群で、光量が稼げない月食でもクレーターのディティールをかなり細かく捉えている。開放値が暗いのでISO感度を3200に上げているが、さすが本格機材という感じだ。さらに、複数枚の連写画像を重ね合わせる(スタック)など天体向けの画像処理により解像感を引き上げてみると、かなりシャープな絵が浮かび上がる。

 タムロンの方は150mmまでしかないが、開放値F2.8と光量が稼げるのでセンサーのISO感度を100に抑えて1ピクセルあたりの情報量を高めつつ、4200万画素から大きくクロップすることで何とか像を捉えることができた。

 ただし、どちらも重量級レンズなのに加えモノ自体も大きく、カメラと組み合わせるとかなりかさばってしまう。一方スマホは持ち歩ける一番身近なカメラとして定着している。画質面ではまだかなわないものの、高性能なプロセッサとAI技術により、ポケットサイズの小さなカメラでも月食が撮れるようになった進化っぷりにただただ驚くばかりである。

●S22 Ultra、写り良いけど合成じゃないの……?

 SNS上でもスマホで皆既月食にチャレンジする人が多かったが、Twitterで少し話題になったのが「月モード」の存在だ。現在のAIを使えば、被写体を月と認識すると月の画像を生成/合成して、綺麗に撮影したように見せることもできるのでは――という話である。特に、S22 Ultraは通常時の月だとクレーター含めキレイに写せてしまう。

 サムスン電子ジャパンに聞いてみたところ、そうした月の画像を生成/合成することはしておらず、あくまでもセンサーが捉えた画像をもとにAIで超解像を掛けているという。AI超解像もセンサーが直に捉えた画像とは違うのでは? という声もあるとは思うが、画像生成/合成とは異なるものだ。スペースズームは最先端の「コンピュテーショナルフォトグラフィー」の威力を思い知る一例となった。