厚生労働省とデジタル庁は11月11日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の機能停止版(3.0.0)を17日から順次配信すると発表した。アップデートすることで機能停止の手続きができ、その後アプリを削除しても問題ないという。全ユーザーへの配信は1週間程度で完了する見込み。

 機能停止版アプリでは接触通知発生回数の調査を行う。これまでCOCOAではプライバシーを配慮し、利用状況を把握するための情報収集を行っていなかったという。デジタル技術を利用した感染症対策の今後に生かすため、調査への協力を求めている。

 収集する情報は、利用者の年代と通勤通学の有無、アプリ利用開始日、接触通知発生回数(日次)の4つ。回答内容は全て匿名となり、デジタル庁と厚生労働省、業務委託先のみが取り扱い、調査目的以外には使用しないという。