米GoogleとスウェーデンSpotifyは11月10日(現地時間)、3月に提携を発表した公式アプリストアでの新たなアプリ内購入機能「User Choice Billing」(UCB、日本では「ユーザー選択型決済」)のテスト実装を一部の地域で開始したと発表した。

 UCBは、アプリ内での決済で、サードパーティのアプリ内課金システムを選択できるようにするサービスだ。9月には、日本を含む複数の地域にテストの実施地域を拡大すると発表した。今回は、さらにテスト地域に米国、ブラジル、南アフリカなどを追加し、35の地域で実施するとしている。

 UCBが利用できるアプリでは、決済画面に「Google Pay」だけでなく、他の支払い方法が選択肢として表示される。少なくともSpotifyの場合はアプリを離れずに決済を完了し、そのまま有料プランを使い始められるようだ。

 Googleはまた、日本でも提供されている出会い系アプリの「Bumble」もテストに参加したと発表した。向こう数カ月中に、一部の国でUCBが利用できるようになる見込みだ。

 ユーザーがUCBでGoogle Pay以外の支払い方法を選択しても、アプリ企業はGoogleに手数料を支払う必要がある。

 Googleと米Appleは、EUや韓国、日本などの規制当局から、アプリ市場のビジネス慣行に対する監視強化に直面している。GoogleはUCBで、企業や当局の懸念を緩和しようとしている。