スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で11月12日に「ヒメグマ」の「コミュニティ・デイ」イベントが開催されます。ヒメグマの色違いは実装済みですが、今回はヒメグマの進化形「リングマ」がさらに進化した「ガチグマ」が初登場します。

 ヒメグマはジョウト地方(第2世代)の“こぐまポケモン”。アメ50個でリングマ、さらに100個でガチグマに進化します。ただしリングマは満月が空にある間しか、ガチグマに進化できません。

 実はポケモンGOのフィールド画面では夜に月が出ていて、リアルの月と連動して形を変えています。月の高さによっては画面上で見えないのですが、月がある方角のジムやポケストップを開くと広い範囲の空が見えるので見つけられるかもしれません。

 11月は8日が満月で、次は12月8日です(参考:国立天文台『今年のこよみ』)。しかしコミュデイが始まる12日午後2時から翌13日午前6時までは特別にゲーム内に満月が昇り、ガチグマへの進化が可能になります。この機会を逃すと来月までガチグマへの進化はできなくなるので、注意しましょう。

 またイベント当日の午後2時から午後10時までにガチグマへ進化させると、じめんわざのスペシャルアタック「10まんばりき」を覚えます。トレーナーバトルでの威力100、ジムとレイドバトルでの威力110の注目の新技です。

 イベント中のボーナスとして午後2時から午後5時までは「おこう」「ルアーモジュール」の効果が3時間、ポケモンをつかまえた時のほしのすな3倍、ポケモンをつかまえた時のアメは2倍になります。午後2時から午後10時までは、ポケモン交換時に必要なほしのすなが半分、「特別な交換」が1日に最大2回まで行えます。

 コミュデイ終了後の午後5時から午後10時まで「リングマ」が出現する「アディショナルレイド」が開催されます。このレイドに勝利すると、ジムの周囲(半径300メートル)に30分間ヒメグマがたくさん現れます(コミュデイと同等の色違い確率)。昼間は仕事や用事がある方はこちらに参加してみては。