米Amazon.comは約1万人の人員削減を計画していると、米New York Timesが11月14日(現地時間)、事情に詳しい複数の関係者の話として報じた。同社史上最大規模の人員削減になる。

 対象となるのは、音声アシスタント「Alexa」を含むハードウェア部門、小売部門、人事部門。直近の業績発表によると、同社の全従業員数(契約社員および一時雇用者を除く)は146万8000人であり、削減が1万人にとどまれば1%以下に相当する。

 Amazonの従業員数は、新型コロナウイルスのパンデミックが始まる前の2020年9月時点では65万3300人だった。パンデミックで消費者がオンラインショッピングにシフトし、企業のクラウドサービス(AWS)への移行が加速したことに対応するために、Amazonはこの2年間で従業員を倍増させた。だが、パンデミックの勢いが収まるにつれ、同社の成長率は鈍化している。

 同社は3日、新規雇用の凍結を発表した。大規模なリストラは、米Snap、米Stripe、米Lyft、米Metaも発表した。