大学の学費が高騰する中、奨学金の重要性が増している。日本学生支援機構(JASSO)の調査によると、日本の大学生の約半数が、奨学金を受給しているという。

 ニーズが増える一方で、財団などによる奨学金の運営は驚くほどアナログだ。メインの広報手段は大学の掲示板、申し込みは手書き・郵送が中心。受給生の管理も、Excelと手作業で行われているケースが多いという。

 “アナログすぎる”奨学金をDX化し、お金の心配をせずに高等教育を受けられる世界を実現したい――奨学金マッチングサイトを運営するガクシーは、こんな理想の基に立ち上げられたベンチャー企業だ。

●「日本の学生は、一番厳しい状況ではないか」

 「日本の学生は、一番厳しい状況ではないか」。ガクシー代表の松原良輔さんは言う。「海外のトップ大学の学生は、お金のことをほとんど心配していない」

 松原さんは、三井化学に勤務した後、2008年に人材ベンチャー・ジョブテシオを創業し、17年に売却。19年にガクシー(当初の社名はSCHOL/スカラ)を創業した連続起業家だ。

 前職で海外の新卒人材と多くふれあう中で、日本との違いを痛感したという。海外では、奨学金が充実していたり、国が高等教育に多くの費用を出していたりするため、トップ校の学生ほど、お金の心配をしていないという。

 だが日本は違う。高等教育への公的補助が薄いため、トップ校の学生でも、生活費のためにアルバイトに時間を割かれがちだ。松原さんが2度目の起業で“奨学金ベンチャー”という異色のビジネスを選んだのは、そんな現実を変えたいと思ったからだ。

 同社が運営する「ガクシー」は、1万6000件もの奨学金を網羅し、種類やキーワードで検索できる。20年にβ版、21年に正式版を公開。ユーザーは12万人と日本最大規模だ。

 同時に、奨学金を提供する財団や篤志家が、募集から学生管理までワンストップでできるプラットフォーム「ガクシーAgent」も提供している。

 探しやすく管理しやすいシステムを作ることで、奨学金の出し手・受け手が増え、学生がお金を理由に「あきらめなくていい社会」につながる。そんな未来が松原さんの希望だ。

●「存在するのに使われない」奨学金もある

 奨学金のニーズは確実に高まっているのだが、「存在するのに使われていない」奨学金も全体の1割ほどはあるという。マッチングがうまくいっていないのだ。

 財団などは、提供する奨学金を対象の学生に告知したいのだが、自前のWebサイトに掲載したり、大学に案内を出したりするぐらいしか手段がない。

 大学は、学生に対して、最大手である学生支援機構(JASSO)の奨学金を案内することが多いという。他の財団や篤志家などによる奨学金も多数あるが、掲示板に載せるぐらいで手一杯。学生が個々の情報にアクセスしきれず、条件の良い奨学金を見落としてしまう。

 その結果、給付型(返済不要)の奨学金を借りられたかもしれない学生が貸与型(返済が必要)に流れ、卒業後に返済に悩むことにもつながっている。

●1万6000もの奨学金情報、クロールと「人力」でひたすら収集

 ガクシーはそんなミスマッチの解消を目指している。日本最大級・1万6000件もの奨学金を技術と人力で収集。条件が良い奨学金を、学生が自ら検索することができる。

 膨大な奨学金データの3分の2はネット上を機械的にクロールし、残りは人が「ひたすらネットを見て」検索。ネットの奥深くから情報を掘り出している。「奨学金情報の2〜3割はネットにも載っていない」とみており、カバー率を高めていきたいという。

 検索システムも試行錯誤している。奨学金の受給条件は専攻や所得、成績などまちまちで、一元的な検索は難しい。「学生が自分の基本情報を入れた瞬間、対象の奨学金が出てきてすぐに申し込めるのが究極のゴール。これに近づけていきたい」と、松原さんは意気込む。

●「紙とExcel」の学生管理でミス多発 DXへ

 奨学金を提供する財団など向けには、管理・運営を効率化するSaaSプラットフォーム「ガクシーAgent」を提供している。学生は「ガクシー」から奨学金を申し込むことができ、財団や篤志家は、募集から選考、面接、学生管理、支給までワンストップで管理できる。

 「奨学金はいまだに、紙とExcelベースの管理が大半」という驚くべき事実が、ガクシーAgent開発の背景にある。

 奨学金の申し込みは、紙の書類に記入して郵送するのが主流。郵送に不慣れなオンライン時代の学生たちにはハードルが高い。財団側も、郵送で届いた数百人分の書類を管理し、Excelに入力していく……といった地道な作業が必要で、ミスが増える要因にもなっていた。

 実際、人的ミスは多いという。奨学金の合否通知を間違え、不合格の学生に合格通知を送ったり、学生の返済が5年間滞っていることに気づかなかったり……。アナログな管理では、こうした大きなミスは「よくある」ケースで、松原さんも驚いたそうだ。

 DX化により手作業を大幅に軽減する「ガクシーAgent」は好評で、既に、笹川平和財団など著名な財団を含む、20〜30ほどの財団や学校が利用しているという。

●「今後10〜20年、奨学金市場は拡大する」

 「奨学金の総量を増やしたい」。松原代表は言う。

 日本の高等教育費用のうち、奨学金でカバーできているのはわずか8%。公的支援とあわせ、これを100%に近づけていくことが、「学生がお金の心配をしなくていい」社会につながる。

 市場拡大に向けて「ガクシー」が目指すのは、「リクナビ」のようなサービスだ。

 「リクルートが『リクナビ』を作ったことで、新卒採用が紙ベースからオンライン化され、新卒採用市場が一気に広がった。奨学金もプラットフォームを整え、流通しやすい世界になれば、市場が拡大していくと思う。それをやり続けたい」

 奨学金マーケットは「今後10〜20年は拡大する」と展望する。日本人の平均給与が下がる中、高等教育の費用は上がっており、間を埋める奨学金のニーズは高まる

 メルカリ創業者の山田進太郎さんが理系の女子を支援するなど、成功した起業家が奨学金を創設する動きも出てきている。また、ネットを通じた寄付や「ふるさと納税」などを通じ、寄付に慣れてきている人も多く、市場の未来は明るいとみる。

 ただ、奨学金ビジネスに絶対の自信があるわけではない。「われわれなりのビジネスモデルはある。手間がかかっていることを効率化し、ペイン(痛み)を解決できれば、事業は成り立つと思っているが、奨学金の“重い”世界は本当に変わるのか。可能性を一番知りたいのはわれわれなんです」

●「あきらめなくていい社会」を

 「日本の将来は、若者にかかっている」。自ら起業した会社をバイアウトし、次のビジネスを考えていた時、松原さんはこう考えていた。

 「若者の未来は自分の将来に返ってくる。若者のために、世の中にないサービスを作れたら」

 そう考えて奨学金に目をつけたものの、状況はまるで分からず、ゼロからの出発だった。市場を知るため、学生や財団関係者などにヒアリングすることにしたが、業界の人脈もゼロ。そこで活用したのが「ビザスク」だ。

 ビザスクは、さまざまな業界の人にヒアリングできるプラットフォーム。ビザスクを検索して学生や財団関係者など探し、50〜100人に次々にヒアリングしたところ、「奨学金のミスマッチ」や「アナログな運営」などの課題を発見。それらを解決するサービスを考案・構築することにした。

 ガクシーのビジョンは、「あきらめなくてい社会」。大学や大学院進学、海外留学、資格やスキルの習得……お金を理由にあきらめることのない社会を築きたいという。

 奨学金のイメージも変えたいと考えている。受給がある種のステータスとして機能し、就職に有利になることもある米国のように、日本も、奨学金受給を誇れる社会にしたいという。

 松原さんには、中学校3年生と小学校1年生の子どもがいる。「子どもたちが高等教育を受けるころには、ガクシーがさらに成長し、自由にチャレンジできる世界ができていればうれしい」

(岡田有花)