厚生労働省は11月17日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のアップデート(3.0.0)の配信を開始した。政府による陽性者の全数届け出見直しによるもので、機能を停止するためのアップデートとなる。

 アップデート後に、画面の案内に従い機能を停止する操作を行う。併せて、今後の感染症対策のため接触通知発生回数調査も実施する。こちらは任意となる。それ以降はアプリを削除して問題ないという。自動更新している場合は1週間程度で全てのユーザーに配信が完了する予定だ。

 COCOAは、iOS/Androidに内蔵された接触確認機能を利用するため、アプリを削除しても接触確認のための定期的な処理が作動し続ける仕様となっており、わずかながらデータ通信・バッテリーが消費されるという。そのため、簡単に機能停止できるアプリとして最終バージョンを配布する。

 なお、OSの接触確認機能を使うため、先にCOCOAを削除してしまった場合でも機能をオフにできる。iOSであれば、「設定」→「接触通知」→「接触通知をオフにする」を選択。Androidは、設定アイコン→「Google」→「COVID-19 接触通知システム」→「接触通知システムを使用」をオフにすれば完了だ。