「シンセサイザー」という言葉を聞いて何を連想するだろうか。70年代にロック少年だった筆者は、モーグ博士、キース・エマーソン、冨田勲、リック・ウエイクマンといった名前を思い浮かべる。だが、もう一つ、記憶の片隅に忘れられない存在がある。

 シンセやアンプ類でおなじみのメーカー、ローランドとギター製造の富士弦楽器(フジゲン)が開発したギター・シンセサイザー(シンセ)「GR-500/GS-500」だ。

 シンセというと鍵盤楽器というのが定番だが、1977年5月に日本の楽器メーカーから、ギターとシンセを組み合わせた世界初の楽器が登場した。本稿では、GR-500/GS-500登場当時、デモンストレーターとして活躍していたギタリストの谷川史郎氏に、この楽器について語ってもらった。

 また、当時、ローランドでGR-500/GS-500の開発とマーケティングに携わった植野アイク氏にも開発秘話などを聞いた。ちなみに、GR-500はシンセの音源ユニットで、GS-500はギター本体(コントローラー)の商品名を指す。

●時給300円代の時代にセット価格33万円

 ギター少年だった筆者は、変幻自在な音色を奏でるシンセへの憧れなのか、あるいはコンプレックスなのか、なんともいえない感情を抱きつつ、EL&PやYESといったプログレッシブ・ロックのレコード盤に針を落としていた。

 そんな少年が「ギター・シンセ」というフレーズに反応しないわけはない。ギターでキース・エマーソンや冨田勲のような音が出せるのだ。とはいうものの、当時のセット価格が33万円。アルバイトの時給が300円代だった時代だ。高校生ごときにおいそれと買える代物ではない。

 現在のデジタル全盛の時代では考えられないことだが、ギターでシンセの音が出せるというのは画期的なできごとだった。NHKの夜7時のニュースで「世界初」と紹介されたのを覚えている。「ストラディバリウスの音が出るエレキギター」といった紹介のされ方だったように記憶している。実際は、ストラディバリウスとは似ても似つかぬ音なのだが、そんなキャッチコピーを冠したくなるほどに革新的な楽器だったのだ。

●弦の振動から制御信号を検出する難しさ

 GR-500/GS-500は、ローランドの創業者である梯郁太郎氏の肝いりで誕生した。当時のアナログ・シンセは、CV/Gate 方式という音の高低を制御する信号と鍵盤のオン/オフを表す信号の組み合わせで電子音を発振していた。

 鍵盤であればオン/オフという形で明確な信号を出すことができる。しかし、ギターの場合は、常に無段階に強弱が変化する弦の振動から制御信号を検出しなければならない難しさがある。

 「弦の振動から音程を検出し、それを電圧に変えるというのがギターコントローラーのキモになります。正確な音程を拾うためには、聴感上聞こえていない周波数を検出する仕組みが必要です。例えば、6弦の音として人間が主に聞いているのは倍音である約166Hzです。しかし、実際の弦が発する周波数は約83Hzです。音程を取るためにはこの周波数を正確に拾う必要があります」(植野氏)

 音程の基礎となる周波数を正確に拾うためには、ギターの性能がものをいう。弦の周波数を正確に取得するために、ネックの中にはトラスロッドが3本仕込まれている。ネックに変な振動や余計な倍音が発生しないように強化することが目的だ。通常のトラスロッドは1〜2本だ。

 また、ピックアップも大切な要素だ。ギターコントローラーGS-500には、3つのピックアップが搭載されている。ブリッジに近い方から、シンセ用のピックアップ、ギター用ピックアップ、マグネットピックアップと並ぶ。このギターを製造するために、ローランドは、富士弦楽器製造と組んで合弁会社である富士ローランドを設立した。

 「試作段階では、テープレコーダーのテープヘッドを6個並べて流用していました。原理は同じですし形も似ています。音源は、System700といったローランドのシンセを使っていました。ちなみに、GS-500のネックはトラスロッドで反りを矯正する仕組みがありません。3本も入っているので反らないという前提です。だから重たくなりました」(植野氏)

●独自の奏法を編み出すことに腐心

 前出のムック本には「ギター・シンセはエレキギターとは全く異なる新しい楽器」といった文言が並んでいる。未知の楽器がどのようなものであるのかを喧伝するためには、実際にその音をリアルで聴いてもらうしかない。YouTubeなど存在しない時代だ。

「ローランドと発売元となる神田商会(グレコ)からの依頼で、私、成毛滋氏、ゴダイゴの浅野孝已氏がプレーヤー・サイドのアドバイザーとして集められ、開発を手伝いました。私は、全国の楽器店やステージでデモ演奏を行いましたが、初めて触った瞬間、ギターとは完全に別物だと感じました」(谷川氏)

 「初めは、安定的に音を出すことに苦労しました。他の弦に触れてしまうと変な音がしたり、音が止まったりします。チョーキングやビブラートといったギターではあたりまえのテクニックを封印して、独自の奏法を編み出す必要がありました」(谷川氏)

 「デモの現場でもいろいろな経験をしました。楽器店の方もギター・シンセがどのようなものであるかを知らないわけです。現地に出向いてみると、10W程度の小さなアンプが1つあって『これで演奏してください』と言われたこともあります。もちろん当時のことですからPAやキーボード用のモニター・アンプなどもありません。たこ足配線や屋外炎天下での演奏といったこともありました。アナログ・シンセは、電源や気温など、環境によって、音程が不安定になり苦労しました。今の様な音響システムやアンプ、エフェクト類があればギター・シンセは、もっと広まったかもしれません」(谷川氏)

 世界的なアーティストの中にもGR-500/GS-500をライブで活用する人もいた。

 「ジェフ・ベックの来日公演において『スターサイクル』の演奏で使いました。通常のギターに持ち替える時間がないので、GS-500を天井から吊したり、独自の演奏可能なギタースタンドにセットしたままで演奏してもらいました」(植野氏)

●テクニックを追求するとヤン・ハマーの音になる?

 このようにして当時、GR-500/GS-500に係わった人々は、開発者も演奏者もチャレンジングな活動を強いられていたわけだが、谷川氏や植野氏が前人未踏の道を切り開いたこともあり、GR-500/GS-500に端を発するギター・シンセはMIDI対応やデジタル化といった最新のテクノロジーを取り入れつつその系譜は今でも脈々と続いている。

 ただ、ギター・シンセの歴史と共に歩んできた谷川氏は、楽器としてのギター・シンセが置かれた立ち位置は、当時も今も変わらないと話す。

 「パット・メセニーのようにギター・シンセを駆使したミュージシャンもいますが、それは比較的希有な存在だと思います。多くは、キーボード奏者不在のバンドでシンセの音が欲しいときに、鍵盤の代替えとして導入する、という域を脱していないと感じます。ギター・シンセでなければならないという理由は希薄です。長年弾いていて感じるのは、ギター・シンセのテクニックを追求すればするほど、ヤン・ハマーの音になってしまいます(笑)」(谷川氏)

 ヤン・ハマーは、ジェフ・ベックなどと共に活動したキーボード奏者で、シンセをギターソロのように弾きまくることで一躍有名になった人だ。谷川氏は、取材の最後に、次のように付け加えて締めくくった。

 「同じAマイナーという和音を音色で弾いても、鍵盤楽器とギターではボイシング(構成)が違うので雰囲気がまったく異なります。楽器における表現は、それぞれ異なる個性があります。ギターという楽器の個性を最大限活かすギター・シンセの演奏は何か、という答えを見つける旅に終わりはありません」(谷川氏)

取材協力:新中野「ライヴカフェ弁天」