米国の著名投資集団であるYコンビネーターの創設者、ポール・グレアムが「Software is eating the world.(ソフトウェアが世界を飲み込む)」という発言をしてから10年以上が経過した。

 朝起きたらスマホでLINEをチェックし、通勤中はNetflixで最新のドラマを見て、ランチの支払いはPayPayで、というふうに私たちの日常はその言葉の通りにソフトウェアに溢れている。ソニーのウォークマンや初期の携帯電話と違って、ハードウェアと機能は一体ではなくなり、各自の嗜好に合わせてソフトウェアをインストールして機能を追加して使用するのが当たり前になった。

 企業の世界においても、オンプレミスと呼ばれるハードウェアとソフトウェアが一体となった高額のシステムではなく、SaaSの活用が主流になりつつある。SaaSとは「Software as a Service」のことで、買い切りではなく一定期間の利用料を支払うことでソフトウェアを使用することができる形態のことだ。日本では2018年がSaaS元年と言われており、コロナ禍を経て企業のSaaS活用は更に進んでいる。

 一方で、近年はさまざまなSaaSが乱立し、毎年発表されるカオスマップに記載されるサービスの数は増え続けている。どのSaaSを選べばいいのか途方に暮れている企業も多いのではないだろうか。企業内に導入する際には、データのインポートや利用者への研修、業務フローの変更などが発生するために、個人がアプリをインストールするように気軽に導入することはできない。

 筆者は「業務設計士」としてさまざまな企業のSaaS導入にかかわってきた。多くの企業にアドバイスしているのは「最高のSaaSなど存在しない。自社に最適なSaaSを選び、かつ、その導入に合わせて業務を再構築しましょう」ということだ。これだけビジネスが多様化した現代において、すべてのニーズを完璧に満たすSaaSなど存在しない。もし仮にあったとしても超高額の利用料になってしまい、一般企業では導入することはできないだろう。

 本連載では、そのような企業のSaaS選びの一助となるよう、分野ごとにいくつかのSaaSを取り上げ、それらの機能の紹介を通じて各SaaSの思想や実現したい世界をひも解いていく。自社にとって最適なSaaSは何かを見つけるきっかけにしていただければ幸いである。

●完全クラウド型の会計ソフト、マネーフォワード クラウド会計とfreee会計

 企業活動を行う上で、事業の状況を知るためにも、税金を計算するためにも、投資を集めるためにも、会計処理は必要不可欠である。自社で処理する能力がない個人事業主や小規模企業も、税理士などに委託することで会計処理を行なっている。15世紀のヨーロッパで発展した複式簿記は、現代の会計処理の基礎となり、多くのビジネスツールの中でもデジタル化が早かった分野の1つである。膨大な量の伝票を処理・集計し、正確な財務諸表を作成するためにはテクノロジーの力が必要不可欠だからだ。

 クラウド会計は、会計ソフトをクラウド上で提供するSaaSである。会計ソフトの登場は比較的早かったが、扱うデータが複雑で大量であったことから、クラウド化に関しては遅れている。私が知る限り、日本において完全にクラウド型のみで会計ソフトを提供しているのは、今回取り上げるマネーフォワード クラウド会計(以下「MFクラウド」)とfreee会計(以下、「freee」)のみである。他の会計ソフトはインストール型のみ、もしくはクラウド型とインストール型の併用でサービスを提供している。

 企業の会計情報という秘匿性が高いデータを扱うため、初期は「クラウドで会計ソフトなど考えられない」という声も多かった。しかしSaaSがビジネスの現場に徐々に受け入れられるようになり、特にコロナ禍を経て場所を問わずに利用ができるSaaSのメリットも理解され、クラウド会計の導入企業も増えている。

 クラウド会計という分野では必ず比較されるMFクラウドとfreeeであるが、「会計ソフト」という言葉で一括りにすることができないほど、思想や世界観は異なっている。本稿では両者の機能比較に加えて、その背景にある思想やターゲットなどをひも解いていく。どちらが優れているかという話ではなく、どちらの思想に共感するか、どちらが自社に適しているかを考える上で参考にしてもらいたい。

●MFクラウド

 マネーフォワード社は、家計簿アプリからスタートし、その後企業向けの会計ソフトに進出した企業である。「お金をもっと前へ。人生をもっと前へ。」というミッションにもあるように、お金に関わるさまざまなビジネスを展開している。

 祖業である家計簿アプリ「マネーフォワード ME」も好調で、1200万人を超える利用者がいる。そんなマネーフォワード社が会計ソフトに進出したのは、個人事業主からの「確定申告ソフトを作ってほしい」というニーズに応えるためだった。

 会計のデジタル化は比較的早かったとはいえ、会計ソフトはあくまでも経理や税理士などの専門家が使用するツールだった。アドビのイラストレーターを使いこなすためには機能の理解に加えて、デザインの基礎やスキルが必要なのと同じで、会計ソフトを使いこなすためには複式簿記の知識や経理処理全般の理解が不可欠である。専門家向けのソフトの常ではあるが、当時のUIも正直使いやすいとはいえなかった。

 Webの発展によってITスキルで稼ぐ個人事業主が増え、専門家の世界の閉じていた会計ソフトが個人にも解放され、より使いやすく分かりやすいUIが求められるようになってきたのは必然だろう。すでに優れたUIの家計簿アプリを提供していたマネーフォワード社に対して、「もっと使いやすい会計ソフトを作ってほしい」という要望が上がってくるのも理解できる。

 そのような経緯で始まったMFクラウドであるが、今では個人事業主だけでなく中小企業にも利用されるようになった。MFクラウドシリーズ(会計ソフトに加えて、請求書、給与計算、勤怠などのビジネス向けソフトウェアシリーズ)が売上規模では祖業の家計簿アプリを遙かに凌ぐまでに成長している。

●アカウントアグリゲーション

 1つ目の特徴は、家計簿アプリでつちかったアカウントアグリゲーション(異なる金融機関の複数の口座の情報を、単一のコンピュータスクリーンに集約して表示するサービス)の技術である。2000年代には銀行や保険会社などがサービスの一環として提供していたが、新しい連携先を追加したり、連携先の変更に対応したりするメンテナンスコストが見合わずに、ほとんどのサービスが数年で閉鎖されてしまった。

 そんな中、マネーフォワードMEは家計簿への記録の手間を削減すべく、膨大な手間とコストをかけて、銀行やクレジットカード、ECサイトなどの連携サービスを着実に増やしていった。今になってようやく銀行APIの解放などが真剣に議論されるようになってきたが、当時はまだAPIという概念すらも一般には浸透していない時代である。

 同社社長の辻庸介氏の著書では、アプリから銀行へのアクセスが多すぎて接続を止められたなどというエピソードも出てくるが、困難を乗り越えながら、ユーザー数を着実に増やしていった。マネーフォワードMEの技術を活用して開発したMFクラウドは、リリース当初から銀行やクレジットカードとの連携の豊富さをウリにしている。

 個人事業主や中小企業にとって、会計ソフトを活用する上での大きなハードルが入力作業である。事業活動においては請求書や領収書に加えて、銀行やクレジットカードの明細などのさまざまな証憑(しょうひょう)が発生するが、まずはそれらを会計ソフトに入力しなければいけない。大量の書類の山を目の前にして、1つ1つ入力していく作業は会計の専門家ではない人々にとっては苦痛以外の何者でもない。それを圧倒的に楽にしてくれるのが、アカウントアグリゲーションである。

 銀行やクレジットカードもデジタル化は早く、Web上で明細を見ることは2000年代から当たり前にできていた。しかし、その内容を会計ソフトに入力するためには、銀行の通帳やクレジットカードの利用明細を見ながら一行ずつ手打ちするしかなかったのである。私も会計事務所で働いていた際は、数百行の通帳のコピーに一行ずつ物差しを当てながら入力をしていたので、MFクラウドを初めて見た時に本当に感動したことを覚えている。

 MFクラウド以前にも銀行やクレジットカードの明細を会計ソフトに取り込めるサービスはあるにはあったが、利用料金が追加でかかったり、使い勝手が良くなかったりして、一般的ではなかった。そこの市場に家計簿アプリでつちかった技術とデザインで、新しいクラウド会計ソフトを作ったのがMFクラウドである。

●普通の会計ソフト

 2つ目の特徴は、あくまでも通常の会計ソフトを忠実にクラウド上で再現したことである。収入と費用を入力し、集計する家計簿アプリと比べると、会計ソフトは遥かに複雑な機能が必要だ。

 貸借対照表、損益計算書などの財務諸表に加えて、総勘定元帳、仕訳帳などの特殊な帳票も出力する必要がある。また確定申告を行うために、申告ソフトやe-Taxに対応した形でのデータの出力機能も必要だ。マネーフォワード社の創業メンバーは決して会計の専門家というわけでもなく、家計簿アプリの延長線上で対応できるものでは決してない。ゼロから会計ソフトを構築していく際には相当の苦労があったと思われる。

 後述するfreeeともよく比較されるポイントだが、私はMFクラウドを「完全にブラウザだけで動作する普通の会計ソフトです」というふうに紹介している。決して馬鹿にしているわけではない。会計ソフトのような複雑なシステムを完全にクラウド上で構築し、かつ、普通の会計ソフトと遜色がないというのは素晴らしいことである。

 普通の会計ソフトであるため、活用するためには当然に貸借の概念や勘定科目、仕訳の理解など簿記の基礎知識が不可欠である。WordやExcelのようにソフトを立ち上げれば誰でも使えるというものではないが、それでもクラウド上で利用でき、銀行やクレジットカードの明細が取り込めるというだけで、他の会計ソフトと比べると大きなアドバンテージがある。特にほとんど会計ソフトがMacには非対応であるが、ブラウザ上で動作するMFクラウドにはその制約がないため、クリエイティブ系の業務を行う個人事業主や企業にとっても心強い存在だ。

 また、UIや構造も会計ソフトの仕様を踏襲しているため、他の会計ソフトからの乗り換えも容易である。会計ソフトなどの、すでに用途が確立した分野への新規参入において、普通に使えるということは非常に大事なことなのだ。

 後編では、freee会計の設計思想に迫るとともに、MFクラウドとの対決結果をお伝えする。