米Appleは3月9日(現地時間)、Apple Music加入者向けのクラシック専用アプリ「Apple Music Classical」を発表した。同日からApp Storeで予約を開始したが、日本からは予約できない。

 2021年8月に買収したクラシック専門音楽ストリーミングサービス「Primephonic」をベースにしたアプリだ。買収当時、アプリは2022年初頭に提供する計画としていた。

 Apple Music加入者が無料で利用できるが、利用要件はiOS 15.4以上。サポート言語は立ち上げ段階では英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語のみだ。

 オーディオ品質は最大192kHz/24ビットのハイレゾロスレス、空間オーディオで、500万曲以上のクラシックの楽曲を広告なしで聴ける。

 楽曲だけでなく、作曲家の伝記や楽曲の解説などのコンテンツも用意されている。

 現在対象外である中国、日本、韓国、ロシア、台湾、トルコ、アフガニスタン、パキスタンでも提供するかどうかは不明だ。