富士通は11月30日、電話による特殊詐欺の手口を生成AIで再現する「AIトレーナー」と会話することで、リアリティのある会話形式で詐欺対策の訓練ができる「特殊詐欺防止訓練AIツール」を開発したと発表した。生成AI(LLM)を活用することで、新たな最新の詐欺パターンを反映しながら訓練できることが特徴だ。

 東洋大学・兵庫県尼崎市との共同研究の成果。12月1日まで尼崎市の高齢者を対象に実証実験を行って本訓練AIツールの有効性を検証する。

 AIトレーナーは、生成AIを使って特殊詐欺の手口を体験するツール。AIが特殊詐欺のシナリオに沿ってふるまい、電話相手の応答内容に応じて詐欺に誘導する。

 従来の同様なツールでは、特殊詐欺の手口ごとに詐欺被害の詳細データを分析し、都度プロンプトを作成する必要があったが、新技術はプロンプトを自動生成できるのが特徴だ。

 詐欺手口の汎用的なシナリオを分析した上で、最新の詐欺被害報告から「医療費」や「還付」といった特徴的なキーワードを収集。断片的な情報からでも適切にプロンプトを自動生成する仕組みだ。LLMと連携させることで、最新の特殊詐欺の手口を模倣できるようにした。

 また、訓練中に非接触でセンシングした高齢者の生理反応から、緊張やストレスといった心理状態を推定し、どの会話で緊張が高まったかや、総合的に算出されただまされやすさを判定して、本人にフィードバックする。