クリプトン・フューチャー・メディア(北海道札幌市)の歌声合成ソフト「初音ミク」が、日本ネーミング協会が主催する「日本ネーミング大賞2023」で「最優秀賞」を受賞した。12月4日に都内で行われた表彰式では、審査委員長を務める太田光さん(爆笑問題)から伊藤弘之代表に記念の盾とトロフィーが贈られた。

 講評では「“未来からきた初めての音”というコンセプトがグッド」「テクノロジーだけでなくキャラクター性を持たせたことが成功要因。 ネーミングが世界観を拡げた好例」など高い評価を受けた。今年、設定と同じ16歳を迎えたことも理由の1つだという。

 初音ミクは、2007年8月31日に発売した歌声合成ソフトの名称であり、同ソフトのキャラクターでもある。発売直後から市井のクリエイターによって多くの音楽、イラストや動画が作られ、ネットで拡散されて世界中に広まった。

 クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤代表は「16歳のアニバーサリーイヤーに大きな花を添えられました。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを述べた。

 日本ネーミング大賞は、マーケティングにおけるネーミングの重要性を広く社会に発信することで産業の発展に寄与することを目的に2020年から実施しているアワード。4回目となる今年のエントリー数は509点だった。大賞の初音ミクの他、LIXILの「みらいえらぼ」、キオクシアの社名などが優秀賞に選ばれている。