駿河台学園(駿台)は4月8日、AIを活用した学習塾向け教材サービスを提供するatama plus(東京都港区)と資本業務提携を結んだと発表した。駿台はatama plusの株式の35.5%を取得。2社は今後、オンライン塾サービスを共同で展開する。駿台による出資額は非公開。

 atama plusは2017年創業。AIを活用し、生徒ごとにカリキュラムを最適化できる教材サービス「atama+」などを提供している。駿台は2021年からatama+を駿台予備学校の全生徒に展開しており、主に成績中・下位層の学力向上に効果があることを確認したという。

 駿台はatama plusとの連携により、さまざまな学力・志望先の学生に最適な指導を可能にするシステムを構築し、全国の高等学校に展開するとしている。これにより、教員の働き方改革や人手不足にも対応するという。