石川将也:映像作家/グラフィックデザイナー/視覚表現研究者

クリエイティブグループ「ユーフラテス」を経て、2020年に独立。デザインスタジオ「cog」を開始。

twitter:@kamone

 冒頭、まずは動画を、ぜひサウンドオンで楽しんでほしい。

 一新されたMacBookシリーズに、Magic Keyboardも使えるようになったiPad Proを加えたラインアップについて、TV番組やファッションブランドの映像制作も多く手掛けるcogの石川将也さんに可愛らしいストップモーションアニメーションにしてもらった。映像を見てもらえれば分かるが、パッケージの付属品などは、これまでのMacBook Proから変更がない。

●Airを含め主流モデルが13.3インチ+Magic Keyboardで統一

 Appleは 5月4日に突如、「13インチMacBook Pro」の新型2モデルを発表した。

 13インチMacBook Proと、基本となる製品名も一緒なら見た目もほぼ同じだが、Thunderbolt 3のポートを2基備えて価格と性能のバランスを追求した下位モデルと、Thunderbolt 3を4基備えて性能を重視した上位モデルという、かなり性格のはっきりと異なる2モデルがあるのだ。

 これらを、ただのスペックアップの正常進化と見ることもできる。だが、一歩引いてノート型Mac全体を見渡すと面白い発見がある。

 気がつけばノート型Macは、今回発表の2モデルに、3月末発表の新型MacBook Air、そして2019年秋発表の16インチMacBook Proを加えた合計4モデルとなる(薄型軽量でUSBポートが1基の12インチMacBookは販売終了となっている)。

 このうち16インチのMacBook Proは、持ち運びやすさを多少犠牲にしても、とにかく性能で妥協をしたくない人、オフィスの外でも大画面が利用できることを重視したモデルで、かなり使う人がはっきりと決まったモデルだ。

 となると、それ以外のほとんどの人が選ぶのは新型MacBook Airか、今回の13インチMacBook Proの2モデルを加えた3モデルから製品を選ぶことになるのだが、実はこの3モデルは13.3型という画面サイズやMagic Keyboardの採用、プロセッサにIntel Core i7を選べたり、重量さもわずか100gの差に収まっていたりと、かなり仕様が近い。

 つまり、このスペックにあえて寄せておきながら、その中にハッキリとした性格の差を描き出しグラデーションを描いた、というのが2020年のMacBookメインストリーム向け3モデルの面白みと言える。

 ではこの3モデル、どれだけ選びやすく進化しているのか?

●すぐ分かるMacBook Airとの音質の違い

 新しいMacBookを選ぶ時、最初に直面するのはAirにするか、Proにするかの問いだ。

 特に映像編集などを行うつもりがない人には、価格帯的にも近いAirとProの下位モデルのどちらにするかは悩ましい問題だ。

 実際に使い比べて、真っ先に感じたのは音の違いだった。例えば冒頭のムービーだと、栗原正己さんの楽しく心躍る音楽が印象的だ。この動画、最初にAirで再生したときには気がつかなかったが、その後、Proで再生した時にベースライン(伴奏の低い音)のきれいさに気がついた。

 やはり、良いスピーカー(Appleのページでは、ハイダイナミックレンジステレオスピーカーと記載)を搭載しているだけあって、低音がしっかりと響いてくる。Macで映画などの音響もしっかり楽しみたい、という人は少し背伸びをしてMacBook Proを選ぶ価値がある。

 ちなみに、コロナ禍でビデオ会議やネット配信をする人が増えていると思い、両者のマイク性能に違いが出るかも比較したが、音の入力に関してはほとんど差が出なかった。違いがあるのはスピーカーの音質だけのようだ。

 続いては、液晶ディスプレイの画質だ。

 実はAirとProでは、搭載しているディスプレイのサイズが13.3型である点と、IPS方式の液晶である点や1680×1050ピクセルの画面解像度、環境光に合わせて色合いが変化するTrueTone機能を備えている点は共通なのだが、ディスプレイの輝度や表現できる色で性能差がついている。

 もっとも、この違いは文章を入力したり、ソーシャルメディアを見たりしている分には、それほど気にならない。違いをはっきり実感するのは、微妙な光のグラデーションを捉えたデジタルカメラで撮影した写真や映像などを見る時だろう。ちゃんとしたカメラで写真や映像を撮り、微妙な光のニュアンスまでしっかりと確認し調整したいプロ気質の人は、やはり(Airではなく)広色域(P3)をサポートしたProが選択肢となる。

 一方でAirの魅力は、手前側が薄くなっているので既に荷物がいっぱいのカバンにもスーッと挿入しやすいことや、そしてゴールドを加えた3色のカラーバリエーションが選べるファッション性であったり、「細かなスペックや性能にはそこまでこだわらない」というデジタルとの軽やかな関係性を示すステートメントにもなっていたりすることが魅力だろう。

●ビデオの再生や3D CGの制作で大きな差がつく

 MacBook Airと2つのMacBook Proで、いくつかの動作を比較した。最初に一瞬だけ出てくるのは大きなZIPファイルの解凍の様子で、続いてAdobe Premiere Proの起動時間だ。次にcogの石川将也さんが作成した編集映像を、Premiere上で全画面再生した時の再生パフォーマンスの比較、そして最後は編集ファイル上の映像を合成し書き出すレンダリングおよび書き出しのパフォーマンスの差となる。

 この映像は筆者が撮影/編集したが、MacBook Airだけカメラの露出設定を間違えてしまった。Airの画面だけ白く飛び気味なのはそのためだ。またムービー書き出しの検証では、Airだけ実行方法を誤ってしまった。Airの方がMacBook Pro下位モデルよりもわずかに早く処理が終わったのは、この誤操作のせいかもしれない。どれくらいの差が出るのか、省略しないリアルタイム映像を見て肌感覚で知ってもらえればと思う。

 性能の観点から、3モデルの差を比較してみた。

 結論を先に言ってしまうと、Airでもビデオ編集や3Dモデルの扱いまでを含め、必要なことは何でもできる。ただし、例えば凝ったビデオ編集中に動きを確認しようとした時などには、再生がカクカクとしてしまうといった性能差が出る。時間軸の目盛りの左に丸い印があるが、Premiere Proでは、再生時にコマ落ち(再生せずに飛ばしたフレームがある)があると、この印が黄色くなる。MacBook AirとMacBook Pro下位モデルは印が黄色になっているが、上位モデルは最後まで印が緑色でコマ落ちが起きていないことが確認できる。

 このため編集中に試行錯誤をしようとしても、ちょっとした待ち時間が増えてイライラが重なる。より多くの試行錯誤とブラッシュアップを重ねて良い作品を作ろうと思ったら、やはりProが欲しい。それも4ポートを備えた上位モデルを選べば、例えば編集後の映像をムービーファイルとして書き出す操作でも倍近いパフォーマンス差が出た(ムービー書き出しではレンダリング、つまり複数映像の合成などの処理も行われる)。

 ここで比較に使ったモデルを紹介しよう。本当はMacBook AirとMacBook Proの下位モデルは同じCPUでそろえた場合に、どの程度の性能差が出るかを検証したかったが(価格が極めて近いため)、それはかなわず、以下の3つの構成だ(価格は税別)。

・13インチMacBook Air:第10世代Core i3(2コア、1.1GHz〜3.2GHz)、8GBメモリ、256GB SSD、Intel Iris Plus Graphics、直販価格10万4800円(教育機関向けは9万3800円)

・13インチMacBook Pro下位モデル:第8世代Core i5(4コア、1.4GHz〜3.9GHz)、8GBメモリ、256GB SSD、Intel Iris Plus Graphics 645、直販価格13万4800円(教育機関向けは12万3800円)

・13インチMacBook Pro上位モデル:第10世代Core i5(4コア、2.0GHz〜3.8GHz)、16GBメモリ、512GB SSD、Intel Iris Plus Graphics、直販価格18万8800円(教育機関向けはなし)

 世代の差はあるが、CPUのグレードが低いことを考えると、MacBook Airはかなり健闘している。

 先のムービーでは、ムービーファイルのレンダリングにかかる時間では、筆者が操作を誤ったことによって生じた差ではあるがProの下位モデルに負けないパフォーマンスを発揮している。

 ちなみに、この実際に作業をしている様子をリアルタイムの映像として紹介し性能比較をする方法は、筆者が20年前から「ビジュアルベンチ」と名付けて普及を呼びかけていたものだ。

 おそらく、この比較ムービーを最後までじっと真剣に画面をにらみ続けて終わりまで再生する人はおらず、ほとんどの人が再生をスキップしてしまったり、再生しながら飲み物を取りに台所に行ったりしてしまうだろう。

 実際に仕事でムービー編集をする際にも、ビデオ編集者はずっとPCの前に座っているわけではなく、ビデオの書き出し時間中に息抜きの休憩をしているものだ。一度、トイレに行ったり、キッチンに飲み物を取りに行ったりしている間の時間は実はストレスにはなっていない。ストレスを感じるのは、PCに戻ってきた時に、まだ処理が完了していない時だ。

 人によってせっかちさの度合いは異なる。このムービーで途中を倍速表示などにしなかったのは、そうした自分のせっかちさとの相性を見てもらおうという意図もある。

 もう1つのテストを行った。GPUなども活用しまくる3Dソフト「Cinema 4D」を開発するMaxon Computerが提供するCINEBENCHだ。こちらのテストでは3モデルの差が、さらに明確に出た。

 MacBook Pro下位モデルの1407ポイントというスコアは、MacBook Airがたたき出した659ポイントの2.13倍だ。CPUのクロック速度はそれほど変わらないものの、Airが2コアなのに対してProは4コアであることや、両モデルのGPUの違い(AirはただのIntel Iris Plus Graphicsに対してProはIntel Iris Plus Graphics 645)の影響があるのかもしれない。

 いずれにしても3Dグラフィックであったり、VRや凝ったコンピューターグラフィックスを使ったARにも挑戦したりしたい人はMacBook Proが必須だ。できれば上位モデルや16インチモデルを選ぶと、快適に作業ができそうだ。

●今こそAirからProへのステップアップのチャンス

 コロナ禍の外出自粛で家にいる時間が増え、向上心のある人は学生にしろ社会人にしろ、新しいことをいろいろ学んでチャレンジをする機会が増えている。そうした新しいことへのチャレンジを考えている人は、今回、圧倒的に価格が手頃になった2ポートモデルのAirを卒業してProにステップアップがしやすくなった。

 自粛解禁ムードが出てきたとはいえ、まだこれから第2波、第3波の感染爆発に備え、再びの外出自粛もないとは言えない。そんな中、ますます重要になってきたITスキルを磨き、これまでよりも数歩上の仕事をこなすべく新しいチャレンジをしたい人には、選ぶマシンのパフォーマンスの天井も高くしておいた方が良い。

 実は筆者のメインマシンは、15インチMacBook Proの2016年モデルだ。だが、最上位モデルを買っていたおかげで、4年経った今でもパフォーマンス的にそれほど遜色を感じず、さまざまな新しいチャレンジを続けられている(ちなみにプロセッサは2.7GHzの4コアCore i7だ。メモリは16GBで、GPUにRadeon Pro 460を搭載している)。

 製品を購入するとき、手軽に買えるのは確かにありがたいかもしれないが、多少、高価でも上位モデルを買っておいて長く使う。あるいは、購入時点で最先端のテクノロジーを、他の人たちに差がつく高い性能で満喫する、といった機種選びの方法もあることを付け加えたい。

 最近、さすがにキーボードがへたってしまい、以前購入していた2017年製シザー構造の外付けMagic Keyboardを使っていた。新しいMacBookシリーズが採用するMagic Keyboardは、同じシザー構造でも進化をしていて、キーを押し切ったときの指への衝撃が少なくなり、長時間のタイピングでも快適になった印象を受ける。

 筆者は、あまりにも長く2016年製MacBook Proのバタフライキーボードに慣れてしまったため、今はまだバタフライキーボードの方が手にしっくり来るが、キーボードは慣れによる部分が大きい。Appleが自信を持って展開するMagic Keyboard、多くの人が満足するのではないかと思う。