ASUS JAPANは8月31日、正確な色表現を実現した32型4K液晶ディスプレイ「ProArt Display PA32UCX-PK」を発表し、9月11日に発売する。価格はオープン。

 3840×2160ピクセル表示をサポートしたIPSパネル採用の32型4K液晶ディスプレイ。最新技術のミニLEDバックライトを搭載したことで、高精度のHDRコンテンツ再現を実現。複数のHDRフォーマットとPQカーブをサポートする“ASUS Smart HDRテクノロジー”も搭載している。また、画面を斜めから見た場合に発生するハロー効果を軽減できる新技術“OCO(Off-Axis Contrast Optimization)”も備えた。

 10bit階調表現をサポートしており、DCI-P3比99%、Adobe RGB比99.5%、Rec.2020比89%の広色域表現を可能としている。またキャリブレーションツール「X-rite i1 Display Pro」も標準で付属した。映像入力はHDMI 2.0×3、DisplayPort×1、USB Type-C(Thunderbolt 3)×1を利用可能だ。

 この他、WQHD表示対応の27型液晶ディスプレイ「ProArt Display PA278QV」、フルHD表示対応の24.1型ワイド液晶ディスプレイ「ProArt Display PA248QV」も合わせて発表、ともに9月18日に販売が開始される。価格はオープンだ。