前編では、時系列でアキバに2020年を見てきたが、後編では注目パーツを軸に振り返る。

 まずCPUは、2月初頭に64コア128スレッドの「Ryzen Threadripper 3990X」が登場して大きなインパクトを残したが、メインストリームでの大きな動きは5月に入ってからだ。

●CPU:緊急事態宣言下で第10世代Core、秋にRyzen 5000がデビュー

 Intel陣営が第10世代Core iシリーズと、新ソケットとなるLGA1200に対応するIntel Z490/H470/B460チップセット搭載マザーボードを投入した。「Core i9-10900K」を含むCPU第1弾の発売解禁日は、都の緊急事態宣言が発令中の5月20日だったため、深夜販売イベントは行われず、翌21日の通常営業時間から各ショップで取り扱われた。

 追って登場した下位のCPUも含めて順調に浸透したが、自作市場のCPUシェアはAMD優勢が揺るがないまま、6月にはAMD陣営がB550チップセットを搭載したマザーボードを投入している。上位のX570搭載マザーボードより価格が抑えられるため、特別定額給付金による10万円支給の特需とマッチして好調に売れた。

 その後、AMDからは8月にGPU内蔵の「Ryzen PRO 4000」シリーズのバルク品が登場し、これもヒットを記録。対するIntelは夏から秋にかけて割安な「Core i9-10850K」や1万円を切る「Celeron G5925/G5905」、10万円PCに最適な「Core i3-10100F」などを投入してそれなりの評価を得たものの、全体のシェアは複数のショップで「AMDが7〜8割」と言われる状況に変化はなかった。

 そして11月に登場したメインストリームの新世代「Ryzen 5000」シリーズも、事前の評判通りの人気を得た。ただし、初回入荷から年末にいたるまで、最下位のRyzen 5 5600Xを除いて枯渇に近い状態となっており、ユーザーにとっては自作PC市場で最も人気のあるプラットフォームの要(CPU)が手に入らないという事態が続いている。これに対して、ショップからは「AMDさん、本当頼むよ」という嘆きが聞こえてくる状況だ。

 続いては、グラフィックスカードを見ていこう。

●GPU:GeForce RTX 30が大ヒット&Radeon RX 6000も存在感

 グラフィックスカードは、1月下旬にAMDのミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」を搭載したモデルが各社から登場したが、ジャンル全体が本格的に盛り上がったのは9月以降だ。

 9月17日に販売解禁となったのは、ハイエンドGPU「GeForce RTX 3080」搭載カードだ。NVIDIA新世代のGeForce RTX 30シリーズに属する第1弾にして、2020年を象徴するヒットGPUといえるほど当初から高い評価を集めていた。入荷数の少なさもあり、発売以来「入荷して店頭に並べたらTweetをする前に間違いなく売り切れます」(パソコンSHOPアーク)と言われるほどの反響があり、年末時点でもほしいけど買えないパーツの代表例として、Ryzen 5000シリーズと並んで挙げられる状況が続いている。

 翌週の9月24日には上位の「GeForce RTX 3090」カード、10月29日には下位の「GeForce RTX 3070」カードが登場し、いずれも高く評価されているが、GeForce RTX 3080の枯渇具合は深刻だ。

 ライバルの新製品が高く評価される中で、AMDも11月下旬に入って新世代のRadeon RX 6000シリーズを投入する。11月20日に「Radeon RX 6800 XT」と「Radeon RX 6800」のリファレンスカード、12月4日に両GPU搭載のメーカー独自設計カード、12月11日に最上位の「Raden RX 6900 XT」カードを発売。いずれも19時に販売解禁という設定になっており、通常営業時間にユーザーの行列を調整したり、オンライン販売に振り分けて店内の密を避けたりといった各ショップの工夫が見られた。

 供給量は「GeForce RTX 30シリーズに輪をかけて少ない」(ドスパラ秋葉原本店)という状況で、2020年内の潤沢化を期待する声は早期に聞かれなくなっている。ただし、「RadeonはRadeon好きな人のコアな人気に支えられているところがあって、PCゲーマーに広く売れているGeForce RTX 30とは微妙に食い合わないところがあります」(某ショップ) とのことで、年明けの早い時期から需要と共有のバランスが取れると予想するコメントも耳にしている。

 次に、ストレージ回りをチェックする。

●ストレージ:HDDは18TBに到達、SSDは1TBが売れ筋/PCIe 4.0も

 ストレージ関連の動きが活発になったのも、年の後半になってからだ。

 HDDは7月初旬に、最大容量を更新する18TBモデル「WD Gold WD181KRYZ」がWesternDigitalから7万6000円前後で登場した。10月にはSeagateからもNAS向けと、データセンター向けの18TBモデルが売り出され、選択肢を増やしている。

 当時オリオスペックは「NAS向けなどの大容量HDDでも容量単価の高い8〜10TBモデルが人気ですが、限られたスペースにできるかぎり大容量を積みたいというケースも少なからずあるので、18TBの動きも見守りたいですね」と話していた。

 SSDも、7月末から出回っているサムスンの2.5インチSATAシリーズ「870 QVO」が9万8000円前後で8TBモデルをそろえたように、大容量の選択肢が増えている。秋頃には1TBモデルが2.5インチタイプで1万円前後から、M.2 NVMe(PCIe 3.0)タイプでも2万円前後から買えるようになり、「売れ筋がギガ(500〜512GBクラス)から、テラ(1TBクラス)に移った感がありますね」(TSUKUMO eX.)といったコメントも聞かれるようになった。

 そして、ブート用としてはPCIe 4.0タイプの売れ行きが目立つようになっている。10月初旬にサムスン「980 PRO」、11月中旬にWesternDigital「WD_BLACK SN850」と、いずれも連続リード毎秒最大7000MBを公称する高速モデルが登場し、やはり1TBモデルを中心にヒットしている。

 オリオスペックは「(PCIe 4.0をサポートする)現行世代のRyzenシリーズを使っている人は、やはりPCIe 4.0タイプを選びますよね。シェア的にAMDが優勢ですし、自然とトレンドがPCIe 4.0に移っているところがあります」と話していた。

 最後に、人気の超小型PCシリーズを見ていく。

●小型ベアボーン:ゲーミングNUCとDeskMiniが目立った1年

 小型ベアボーンの動きも激しかった。コロナ禍によるテレワーク需要の伸びから、春先には10万円以下のノートPCとともに、超小型ベアボーンの売れ行きが加速した。その最中に、Intelは第10世代となるCore i7-10710Uを搭載したNUC「NUC10i7FNH」を投入し、順調にヒットさせている。

 さらにテレワーク特需が落ち着いた夏頃には、グラフィックスカードが挿せるゲーミングタイプの「Intel NUC 9 Extreme」シリーズが登場し、別の需要の喚起にも成功している。年末にはクーラーマスターのIntel NUC 9 Extreme専用ケースを採用したBTOマシン「NC100 Compact」をオリオスペックが販売するなど、存在感が増している。

 GeForce RTX 30シリーズの登場以降は、発熱の大きい同GPUをあえて小型ケースに組み込む自作のトレンドも生まれており、そちらとも多少合流する形で注目を集めているそうだ。

 もう1つ大きな流れを作ったのは、10月初旬に登場したASRockのベアボーン「DeskMini」の新シリーズだ。AMD系のデスクトップCPUが載せられる「DeskMini X300」と、Intel系の「DeskMini H470」が同時に売り出され、発売当時から各ショップで大ヒットを記録している。

 その中心となったのは「DeskMini X300」だ。当時、ドスパラ秋葉原本店は「(前世代の)DeskMini A300の安定した人気を引き継ぎつつ、最新のRyzen PROが使えるアドバンテージが大きいですね」と話していた。

 前編でも触れたように、コロナ禍は年末年始の営業方針にも影響を及ぼしているし、おそらくは2021年の自作市場のトレンドにも爪跡を残すだろう。そういう意味で、2020年は区切りが付けにくい1年となったかもしれない。それでも、街や市場が未曽有の流行病に対応したという点において、起点となる年だったともいえるだろう。