レノボ・ジャパンは3月26日、新型ゲーミングノートPC「Legion 560 Pro」を発売する。最小構成の想定販売価格は21万円(税別)となる。

●Legion 560 Proの概要

 Legion 560 Proは、米国では「Legion 5 Pro」という名称で投入されるゲーミングノートPCの日本向けモデルだ。

 CPUはAMDのモバイル向けRyzen 5000シリーズ(Hプロセッサ)で、モデルによってRyzen 5 5600H(3.2GHz〜4.2GHz、6コア12スレッド)またはRyzen 7 5800H(3.2GHz〜4.4GHz、8コア16スレッド)を搭載している。外部GPUはNVIDIAのモバイル向けGeForce RTX 30シリーズを採用し、モデルによってGeForce RTX 3060(グラフィックスメモリ6GB)またはGeForce RTX 3070(グラフィックスメモリ8GB)を搭載している。

 メインメモリDDR4-3200規格のSO-DIMMで、8GBモジュールが2枚(計16GB)搭載されている。このモジュールを換装すれば、最大で32GB(16GB×2)まで拡張可能だ。ストレージはPCI Express接続のSSDで、モデルによって512GBまたは1TBの容量のモジュールを搭載している。本体内にはSSD用のM.2スロットが2基あるという。なお、メモリの換装やSSDの増設/換装は「自己責任」となるので注意しよう。

 ディスプレイは16型IPS液晶で、最大解像度はWQXGA(2560×1600ピクセル、アスペクト比16:10)、最大リフレッシュレートは165Hzとなる、sRGBの色域を100%カバーし、Dolby Vision規格のHDR(ハイダイナミックレンジ)コンテンツの表示にも対応しているという。表示同期技術「NVIDIA G-SYNC」「AMD FreeSync」も利用できる。

 アスペクト比が短辺(縦)方向に大きくなったが、狭額縁化のさらなる推進と、ヒンジの機構の見直しによって15.6型の先代(Legion 550 Pi)とほぼ同等のボディーサイズに収めている(厳密には幅は据え置き、奥行きと厚さはわずかに縮小している)。

 画面の上部には、HD(1280×720ピクセル)撮影に対応するWebカメラを新設した。本体側面にあるスイッチを使って有効/無効を切り替える電子式プライバシーシャッターも備えている。

 画面の大型化に合わせて、タッチパッドの面積は先代比で約20%増加した。キーボードとの位置バランスも改善されたので、操作性が良くなっている。

 キーボードはテンキー付きで、先代と同様に打ち心地を重視した「Legion TrueStrike Keyboard」だが、構造に改良を加えているという。4ゾーン制御に対応するRGB LEDバックライトも備えている。日本で販売されるモデルについては、日本語配列となる。

 本体のポート類は、左側面にUSB 3.1 Type-C端子とイヤフォン/マイクコンボジャックを、背面にUSB 3.1 Type-C端子、USB 3.0端子×3(うち1基は常時給電対応)、HDMI 2.1出力端子を、右側面にはUSB 3.0 Type-A端子を備える。なお、USB Type-C端子はいずれも映像出力(DisplayPort Alternate Mode)に対応し、背面の1基はUSB Power Delivery(USB PD)による電源入力に対応する。

 オーディオ関連では、フランスのNahimic(ナヒミック)の音響ソフトウェアをLegionとしては初めて採用した。スピーカーは2w出力のものを2基搭載している。

 本体サイズは約356(幅)×260(奥行き)×26.9(厚さ)mmで、重量は約2.45kgとなる。バッテリー容量は80Whで、最大連続駆動時間(JEITA 2.0)は約3.9時間となる。

●Legion 560/760も国内投入予定

 レノボでは、ゲーミングノートPCの新製品として「Legion 560」と「Legion 760」の投入を予定している。詳しい発売時期については、決まり次第改めて発表するという。

●新たな有償サポートプログラムも登場

 今回の新モデル発表に合わせて、レノボはゲーミングPCでは向けの新しい有償サポートプログラム「Legion Ultimate Support(レギオン アルティメットサポート)」の提供を開始する。レノボが発売する全てのゲーミングPC(Legion、IdeaPad/IdeaCentreのゲーミングモデル)のうち、1年引き取り保証が標準で付帯するモデルが加入対象で、税込みの提供価格は以下の通り。

・1年間:3190円

・2年間:1万890円

・3年間:1万6830円

・4年間:2万3540円(Legionシリーズのみ加入可)

 このサポートは、ゲーミング層が広がり、必ずしもPCに詳しいとは限らない人がゲーミングPCを購入するケースが増えてきたことを背景に提供されるという。ゲーミングに特化したこと24時間365日サポートで、PCやゲームの設定についてPCとゲームの両方を熟知したスタッフが対応してくれるという。ゲームの操作方法や周辺機器の設定もアドバイスしてくれるという。引き取り修理サポートも含まれている。

 なお、レノボのゲーミングPCを月額利用できる有償サブスクリプションサービス「スグゲー」にも、このUltimate Supportを付帯したパッケージが登場する。