ASUS JAPANは7月15日、16型液晶を搭載したゲーミングノートPC「ROG Zephyrus M16」シリーズを発表、本日から順次販売を開始する。製品ラインアップはディスプレイ/GPU/ストレージの差異で3モデル計5構成を取りそろえた。予想実売価格は21万9800円〜26万9800円だ(税込み)。

 画面占有率94%の狭額縁ディスプレイを搭載するゲーミングノートPCで、従来の15型ノートPCとほぼ同等の小型筐体を実現。ディスプレイの差異で2560×1600ピクセル表示/165Hz駆動対応モデル3構成と1920×1200ピクセル表示/144Hz駆動対応モデル2構成を用意、165Hz駆動対応モデルはDCI-P3比100%の広色域表示をサポートした。

 キーボードには打鍵音を30dB以下の抑えた静音設計のゲーミングキーボードを採用、計6基のスピーカー(ツイーター×2、ウーファー×2)を内蔵しバーチャルサラウンド技術のDolby Atmosにも対応している。

 CPUはCore i7-11800Hを、グラフィックスコアはGeForce RTX 3050 Ti Laptop/同 3060 Laptop/同 3070 Laptopを搭載、メモリは16GB、ストレージは512GB/1TB NVMe SSDを内蔵する。この他Wi-Fi 6対応無線LAN、Bluetooth 5.1、Thunderbolt 4(Type-C)ポート、指紋認証センサーなども備えた。

 この他、17.3型4K液晶ディスプレイを搭載したハイスペックゲーミングノートPC「ROG Zephyrus S17 GX703HS」も合わせて発表、8月中旬に販売を開始する。予想実売価格は49万4800円(税込み)。

 120Hz駆動対応4K液晶ディスプレイを採用した17.3型ゲーミングノートPCで、Core i9-11900HとGeForce RTX 3080 Laptopを搭載したハイスペックモデルだ。

 メモリは32GB、ストレージは2TB SSD(PCIe Gen.4対応)を内蔵、Wi-Fi 6無線LAN、Bluetooth 5.1、ギガビット対応有線LANなども利用できる。映像出力はHDMIに加えThunderbolt 4/USB Type-Cポートを利用でき、本体ディスプレイと合わせて最大4画面のマルチディスプレイ出力も可能だ。