Bang & Olufsen(バング&オルフセン、以下、B&O)と言えば、オーディオマニアなら知らない人はいないだろう。1925年に設立されたオーディオブランドで、デンマークにその本部を構えている。最近はアウトドア用のBluetoothスピーカーやワイヤレスイヤフォン、インイヤーヘッドフォンなども販売しており、意外と身近なところの製品もリリースしている。

 そんなB&Oが、初のゲーミングヘッドフォンを発売した。その名は「Beoplay Portal」で、同社のヘッドフォンシリーズである「Beoplay」の名前が使われている。しかもBluetooth接続の他、2.4GHz帯でXbox Series X|Sへの接続にネイティブ対応する。ゲーミングヘッドフォンとして随分と本格的ということで、その実力を試してみた。

 ただし今回はXbox Series X|Sを用意できなかったので、「Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10」を使ってWindows 10搭載PCで検証した。

●高級感のある落ち着いたデザイン

 まずはスペックから見ていこう。Beoplay Portalのサイズは約167.3(幅)×92.6(奥行き)×178.7(高さ)mmで、ケーブルを省いた重量は約282gと軽い。耳を全部覆うオーバーヘッド型だが、強く押さえつけられる感覚もなく、しっかりとホールドしてくれる装着感だ。ネオジウム磁石を使った直径40mmのエレクトロダイナミックドライバーは、20〜2万2000Hzまでの再生に対応する。インピーダンスは24Ω±15%で、感度は95dB@1kHz/1mWだ。

 イヤーカップは、耳当て部がレザータイプの作りで柔らかくもしっかりと密着してくれる。内部にはRとLの文字があるので、どちら向きに装着すればいいのか分かりやすい。B&Oのロゴが配置された金属部は、ここをダブルタップすると、Xboxとのダイレクト接続ではマイクのミュート、Bluetooth接続では音楽の再生や停止、電話の着信応答が可能だ。

 またカップサイドにはタッチバーが用意されており、右側は音量の上げ/下げ、左側はアクティブノイズキャンセリング(ANC)/外音を取り込む透過モードの調整ができるようになっている(左はアプリ経由で割り当てを変えられる)。音量の上げ/下げは便利で、最初こそ触る位置に戸惑うものの、使い慣れてくると親指でぐりぐりなでれば調節できるので便利だ。

 Beoplay Portalの右イヤーカップに電源スイッチがあり、これを押すと電源が入って自動的に接続される。有線接続と無線接続に対応し、有線接続は付属のUSB Type-C→Type Aケーブルの他、3.5mm端子のケーブルを使う。有線接続でも電源を入れないとヘッドフォンは使えない。USBケーブルを差すと充電でき、3時間で満充電となる。

●バーチャルブームアームでボイスチャットもクリアー

 無線にはBluetooth 5.1と2.4GHz帯を利用してXbox Series X|SとXbox Oneへのワイヤレス接続(以下、Xboxワイヤレス)がある。Bluetoothでの接続では、SBCとAAC、aptX Adaptiveのコーデックに対応する。aptX Adaptiveでつながる機器を持っていれば、ハイレゾ音源を聞くことも可能だ。筆者の持っているスマートフォン「Xperia 10 II」はLDACとaptX Adaptiveに対応しており、Beoplay Portalを使ってハイレゾサウンドを楽しめた。

 Xboxワイヤレスだが、Xbox Series X|Sなどのゲーム機本体に加え、冒頭に述べたXbox ワイヤレスアダプター for Windows 10でも利用できる。連続再生時間だが、Xboxワイヤレス+ANCで最長12時間、luetooth+ANCで最長24時間、Bluetoothのみで最長60時間となっている。

 ちなみにWindows 10はaptXに対応しているので、aptX Adaptiveとは後方互換で高音質なサウンドを楽しめるが、Windows 10側もBeoplay Portal側も、どの接続方法でつながっているのかが分からない。このため接続方法を知りたい場合は、インジケーターなどで表示に対応しているデバイスを使うしかない。このあたりはなんとかならないものかと思う。ただaptX Adaptiveには対応していないので、ハイレゾクラスの音を聞きたければ、aptX HDなどに対応したBluetoothトランスミッターを使おう。

 Bluetoothで接続した際は、「Beoplay Hand-Free AG Audio」がデフォルトに設定されてしまうこともあり、これを利用している場合は“超”が付くほど音が悪くなる。このため音質がひどい場合は、コントロールパネルの「サウンド」から、「再生」の項目を確認し、「Beoplay Portal Stereo」を規定のデバイスに選んでおこう。

 また両イヤーカップには音声用とANC専用のMEMSマイクが内蔵され、ビームフォーミング技術を生かすことでアーム先に配置されたマイクを使わなくても、明瞭に声を伝えられるという。実際に試してみたが声はクリアーに聞こえ、ゲーム内のチャットやビデオ会議も不安なくできる。マイクアームがあるとヘッドフォンを置くときに邪魔になりがちなので、これはよい点だろう。

●Bang & Olufsenアプリで細かい調整が可能

 Beoplay Portalには「Bang & Olufsenアプリ」が用意されており、これを利用するとさまざまな設定が行える。アプリではBluetooth接続なのかXboxワイヤレスなのかが一目で分かり、その切り替えや音量調整、リスニングモードの設定などが可能だ。加えて左イヤーカップにあるスライダーの機能を、Bluetooth接続時のANC調整、Xboxワイヤレス時のゲーム/チャットバランス調整などに設定できる。

 Beoplay Portalには「Dolby Atmos for Headphones」(以下、ドルビーアトモス)のライセンスが付いおり、通常であれば1650円支払わなければならないところ、無料で利用できる。ドルビーアトモスを利用するためには、Microsoft Storeから「Dolby Access」をインストールする必要がある。インストール後にドルビーアトモスをオンにすると、それだけで音場が広がることが分かる。

 Dolby Accessでは「ゲーム」「映画」「ミュージック」「音声」の4つの設定があり、「ゲーム」から「ミュージック」ではその下に「ディテール」「バランス」「ウォーム」「オフ」という項目が用意されているので、好みで選べばよいだろう。「カスタム」では3つまで、イコライザーを自分で設定して登録しておける。

 ゲーム設定で「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」を遊んでみたが、飛行機がすれ違う際の音が回り込んで聞こえ臨場感がある。後ろから銃撃されている場合でも、弾が後ろから前へ飛び去る音がとてもリアルだ。またミサイルで敵を攻撃するときも、発射して飛び去っていくミサイルの音がとてもよい。乱戦時にも敵がどちらにいるかも分かりやすかった。

 ポップス系の楽曲を聞いたところ、ディテールではボーカルの高音部が若干はっきりした感じになり、バランスはその名の通りに低音から高音部まで広がりのある音になった。逆にウォームでは低音が控えめとなり、優しい響きに変わる。ピアノ曲などはディテールの方が1つ1つの音がはっきりとして聞きやすい。シンセサイザーが響くエレクトリック系だと、ウォームの方が好みに感じた。バランスの設定は均整が取れており、どの音楽にも最適なようにチューンされているようだ。

 総体的な音質についてだが、有線接続、Bluetooth接続、Xboxワイヤレスの3種類を試したところ、一番音がよかったのは有線接続で、次はBluetooth接続だった。Bluetooth接続がひどいかというとそんなことはない。aptXで接続されていると思われるが、有線とはほぼ遜色のない音が聞ける。

 唯一、筆者の環境ではXboxワイヤレスでの接続時にプチプチとサウンドが途切れてしまった。利用したゲーミングノートPCと、Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10の相性が悪かったと思われるが、試用期間中に原因を特定できなかった。

 Beoplay Portalでは、左イヤーカップにあるスイッチでBluetooth接続とXboxワイヤレスを切り替えられる。押したらすぐに認識が行われるので、ペアリングしているデバイスとすぐにつながる。

 筆者はPCとのBluetooth接続に加えて、Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10をPCのUSBに接続してXboxワイヤレス接続を試していたが、Bluetooth接続からの切り替えも、ボタンを押すだけで簡単にできた。Windows PCを使いながら、ゲームをXbox Series X|Sで遊ぶ場合でも、瞬時に切り替えて使えるのはよいところだ。

●強力なノイズキャンセリング機能を装備

 Beoplay PortalにはANC機能を備えており、余計な雑音を排してゲームや音楽に集中できる。ヘッドフォンを装着してスイッチを入れた瞬間に雑音が消えるので、その効果を簡単に把握可能だ。

 筆者は普段、ゲーミングノートPCでゲームを楽しんでいるが、高負荷のゲームタイトルではプレイ中に最大音量でファンが回るため、耳障りに感じる。このときのノイズは非常にやかましいが、ANCのおかげでそれを全く気にすることなくゲームに没入できた。1ステージ終わってヘッドフォンを外すと、その爆音に驚いた程だ。

 それだけでなく、原稿を書く際に音楽を聞きながらキー入力をしていても、キーボードをたたく音はほとんど聞こえてこず、原稿作成に集中できる。在宅ワークで仕事をしている場合でも、生活音が入らなくなるので集中して取り組めるだろう。

●高価だが普段使いでこそ利用したい一品

 これまで見てきたように、Beoplay Portalはゲーミングヘッドフォンとしても、普通に音楽を聞くために使う場合でも十分すぎるほどの性能を示してくれた。ゲーム専用と音楽専用の2つのヘッドフォンを持っているなら、Beoplay Portalが1台あれば十分に使える。

 オンラインストア(beostore.jp)の価格で税込み5万9900円という価格は普段使いと考えるとネックになるかもしれないが、よくある1万円台半ばの低価格なヘッドフォンから聞こえる音と、Beoplay Portalが鳴らす音は雲泥の差がある。筆者がまさにそうだったように、機会があればぜひ試聴してみてほしい。保証期間が3年間と長く、Beoplay Portalは買って納得できる製品であるのは間違いない。