GIGABYTE TECHNOLOGYは8月30日、高リフレッシュレート表示を実現した31.5型4K液晶ディスプレイ「M32U」の国内取り扱いを発表、9月3日に販売を開始する。予想実売価格は11万4400円(税込み)。

 3840×2160ピクセル表示に対応した“Super Speed IPS”パネルを採用する31.5型液晶ディスプレイで、リフレッシュレート144Hzと応答速度1ms(MPRT)を実現。また10bitカラー表示をサポートしており、VESA Display HDR400にも対応している。

 映像入力はHDMI 2.1×2とDisplayPort×1、USB Type-C×1を装備。Type-C接続時には1組のキーボード/マウスを切り替えて利用できるKVM機能も搭載した。

 ゲーム向け機能として、FPSゲームでの射撃の反動時のブレを軽減できる“エイムスタビライザー・シンク”機能や、映像の暗部の視認性を高める“ブラックイコライザー”機能などを備えた。またAdaptive-Syncも利用可能だ。

 この他、湾曲デザイン筐体を採用した165Hz駆動/WQHD表示対応のVAパネル採用31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「G32QC A」も9月3日に販売が開始される。予想実売価格は5万4780円だ(税込み)。