ゲーミングPCでは、CPUにAMDのRyzenシリーズ、GPUにNVIDIAのGeForce RTXシリーズという組み合わせが人気となっているが、今回紹介するのはRyzen+Radeon採用モデルだ。

 マウスコンピューターの「G-Tune EP-A-6700XT」は、GPUに最新のRadeon RX 6700 XTを採用し、CPUにRyzen 5000シリーズを組み合わせている。くしくも、同社のフルタワーボディーのカラーリングはAMDカラーと言えるブラック/レッドだ。AMDぞろえのゲーミングデスクトップPCをじっくり検討していこう。

●Radeon RX 6700 XTを軸にRyzen 7/9を搭載する「AMD仕様」

 本製品は、フルタワーボディーを採用するハイエンドに属するモデルだ。AMD Radeon RX 6700 XT自体は、AMDのGPUにおけるフラグシップというわけではなく、上位にRX 6800 XTやRX 6900 XTが存在する。

 とはいえ、パフォーマンスレンジとしてはフルHD(1920×1080ピクセル)〜WQHD(2560×1440ピクセル)での最高〜高画質設定を想定したもので、ハイエンドと呼べるGPUだ。CPUも標準構成ではRyzen 7 5800Xとなっており、ここもハイエンドだがフラグシップではない。

・待望のミドルレンジGPU「Radeon RX 6700 XT」の実力をチェック

・AMDが1440pゲーミングに最適化したGPU「Radeon RX 6700 XT」を発表

 一方、G-Tune EP-A-6700XTの価格は標準構成だと税/送料込みで30万80円〜となっている。PCパーツの価格が高止まりしている現在、上記のCPU&GPUの組み合わせでフルHD〜WQHD解像度でのゲームプレイが望めるゲーミングPCとして考えると、確かに魅力的な選択肢と言えるだろう。高価ではあるが高過ぎるというほどではない。また、Ryzen+RadeonというコンビをBTO PCで選べるというのは、AMD好きの心を揺さぶる貴重なモデルと言えるだろう。

 このように本製品はハイエンドクラスの構成で、その性能を引き出すならば十分な冷却性能を持つボディーとの組み合わせが好ましい。

 本製品のボディーはフルタワーケースで、サイズは、約220(幅)×490(奥行き)×501(高さ)mm、重量は約17.7kgだ。標準的なミドルタワーケースよりも高さや奥行きが一回り大きく、幅も若干大きい。ミドルタワーケースよりも設置スペースが必要になる一方、内部空間が大きい分だけ温度の上昇が緩やかで、きちんとしたエアフローがあればそれも外部に排気できる。搭載可能なケースファンも、ミドルタワーのそれと比べて多い。

 本製品では、CPUの冷却に水冷方式を採用している。一般的なヒートシンクとファンによる空冷CPUクーラーでもRyzen 7 5800X(TDP 105W)を十分に冷却できる。ただし、本製品で標準採用している24cm級サイズのラジエーターは、一般的なハイエンド空冷CPUクーラーと同等かそれ以上の冷却性能を実現でき、動作音に関しても抑えることが可能だ。

 また、本製品では排気側にラジエーターを設置しているが、先に説明した通り、大型ボディーは内部温度の上昇も緩やかなので冷却性能に対する影響も小さい。さらに、より大型の36cm級となる簡易水冷CPUクーラーへのBTOオプションも用意されている。

 標準構成のCPUで採用されているRyzen 7 5800Xは、8コア16スレッドのコアを採用し、アーキテクチャとしては最新のZen3世代となる。定格クロックは3.8GHz、ブーストクロックは最大4.7GHzで、特に32MBという大容量のキャッシュメモリを搭載することで高いパフォーマンスを実現している。

 CPUのBTOオプションには、12コア24スレッドのRyzen 9 5900X(3.7GHz〜4.8GHz)と、16コア32スレッドのRyzen 9 5950X(3.4GHz〜4.9GHz)から選べる。よりコア数の多いRyzen 9シリーズは、それだけ発熱も大きい。そこでオプションの36cm級簡易水冷CPUクーラーを選べば、冷却と動作音のバランスが向上する。

 評価機のグラフィックスカードは、デュアルファンで2スロット厚のGPUクーラーを搭載したタイプだった。モデル名のG-Tune EP-A-6700 XTが表すように、Radeon RX 6700 XTが軸となる製品で、ここに関するBTOオプションは用意されていない。そのため冒頭で説明したパフォーマンスレンジが、自分自身のニーズにマッチしているのかが製品選択において重要と言える。

 ディスプレイとの接続で重要な映像出力端子は、DisplayPort×3、HDMI×1だ。シングルディスプレイであればDisplayPortまたはHDMI、それ以外のD-Sub 15ピンやDVIなどは変換アダプターや変換ケーブルが必要だ。なお、DisplayPort→HDMI変換アダプターが標準で付属しており、例えばHDMI×2でマルチディスプレイを構成したい場合、これを利用すれば実現可能だ(HDMIケーブルは別途必要だが)。

 続いて、オリジナルのフルタワーケースを見ていく。

●映える! 冷える! メンテナンス性も良し!のフルタワーケース

 本製品が採用するフルタワーケースは、G-Tuneのハイエンドモデル用に設計されたオリジナルデザインだ。冒頭でも触れたように、ブラック/レッドのカラーリングが標準だが、ちょうどAMDのコーポレートカラーでもある。

 フロントパネルはスモークガラスを採用しており、右端にレッドのラインを設けている。このレッドライン部分には、前面端子とスロットイン式のDVDスーパーマルチドライブが用意されている。まずインタフェースとしては、電源ボタン、USB 3.0×2、USB 2.0×2、オーディオ入出力がある。USB Type-C端子がないのは物足りないが、USBは2種類で数も十分なので利便性がよい。

 最近では光学ドライブを搭載するモデルが減ってきている中で、標準装備とするモデルは貴重と言える。スロットイン方式でスタイリッシュに収めつつ、内部スペースに対する専有もほとんど影響がない。

 右側板はスチール製で上部にデザイン性を両立させたハニカム状の吸/排気口を設けている。上部両隅のネジ2つを回せば開閉でき、このネジは緩めても脱落しない工夫が施されている。メンテナンス性のよさがうれしいところだ。

 BTOオプションでは、スモークタイプの強化ガラスに変更することもできる。標準では特にLEDイルミネーションを装備しない本製品だが、内部を光らせたい人はこのオプションを検討するのがよいだろう。内部が透けて見えるようになる他、ドライバレスでカバーを取り外せるようになるのもポイントだ。

 ボディー底面にはフィルターを備えており、着脱も簡単でホコリ取りもはかどる。また、前後に脚を設けているため、ここをふさいでしまうこともない。本製品では底面がメインの吸気口となり、背面ケースファンや水冷ラジエーターのファン、電源ファンなどから排気するエアフローだ。負圧の設計で、ホコリの混入を抑えるこのフィルターは重要な役割を果たす。

●快適さを左右するメモリやストレージなど足回りも余裕十分

 マザーボードはATXサイズで、AMD X570チップセットを採用する。PCI Expressスロットはx16スロットが2基(1基は4レーン動作)、x1スロットが2基だ。x16スロットのうち、メインはグラフィックスカードで利用されており、空きスロットはx16スロット(4レーン動作)1基とx1スロット2基となる。

 メモリスロットは4基、M.2スロットは2基備える。5インチベイはないが、3.5インチシャドーベイが1基(4TBのHDDで利用済み)と2.5インチシャドーベイが2基(空き2)ある。

 メモリは標準構成で2本装着され、容量は32GBだ。一般的な標準構成ではまだ16GB程度だろう。ハイエンドクラスの本製品では標準でも十分に余裕のある容量を搭載しており、最大64GBに拡張するBTOオプションも用意されている。動作モードはDDR4-3200だ。

 ストレージはシステム用にSSD、データ用にHDDを組み合わせている。SSDはM.2 NVMe SSDでインタフェースはPCI Express 3.0 x4、容量は1TBと大容量だ。一般的なBTOパソコンではまだ512GBであることも多いが、それよりも大容量で確かにハイエンドクラスと言える。

 AMD X570チップセットはPCI Express 4.0にも対応しており、BTOオプションの中にはさらに高速のPCI Express 4.0 x4接続のM.2 NVMe SSD 1TBも選べる。一方、さらなる容量を求める場合は、2TB(PCI Express 3.0 x4)という選択肢もある。

 データ用HDDは、容量が標準で4TBとなる。4TBあればゲームも豊富にインストールできるが、より大容量の8TB HDDのオプションも用意されている。

 ストレージに関しては多くの場合、自分に必要な性能、必要な容量でBTOカスタマイズをするところだ。本製品ではM.2スロットに空きスロットが1基あり、2.5インチシャドーベイ(Serial ATA)も2基の空きがある。つまりユーザー自身が購入後、必要に応じて追加搭載可能だ。

 次にベンチマークテストで本製品の実力を見ていこう。

●Radeon RX 6700 XTの優れた実力を再確認!

 それでは、今回の評価機を用いて本製品のパフォーマンスを見てみよう。今回の評価機はG-Tune EP-A-6700XTの標準構成に沿っている。パフォーマンスに影響するBTOオプションはCPUくらいであり、さらに標準構成より低性能のオプションはないので、G-Tune EP-A-6700XTではここで紹介するスコア以上が得られると思ってよい。

 まずはCPU性能を見るためにCINEBENCH R23を試した。スコアはCPU(Multi Core)が15275pts、CPU(Single Core)が1570ptsだった。8コア16スレッドなりの高いスコアと言える。ゲーミングにおいては、およそ6コア12スレッドあれば快適と言えるが、8コア16スレッドではそれ以上だ。ゲームだけでなくチャットや配信といったことを同時に行うような使い方も視野に入る。ゲーム以外にも、クリエイティブ作業でこのCPU性能が発揮される。映像や写真、音楽といった趣味が多い人に最適だ。

 ゲーム性能を見る標準的なベンチマークの3DMarkでは、DirectX 11のFire Strikeテストで3万546というスコアをたたき出し、DirectX 12のTime Spyでは1万1896と、こちらも高いスコアをマークしている。もちろんフルHD〜WQHD向けで、4Kゲーミングは軽量タイトルに限られるスコアだ。

 とはいえ、現在の主流のディスプレイ解像度はまだフルHD〜WQHDクラスだろう。こうしたスタンダードな解像度のディスプレイで、より高い画質でゲームプレイを楽しみたい人に適したパフォーマンスと言える。

 ゲームタイトルのテストとして、ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマークとFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークを見てみよう。

 比較的軽量なファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマークでは、4K(3840×2160ピクセル)、最高品質でも9054ポイントで「快適」評価を得ている。これがWQHDになると1万8009ポイント「非常に快適」、フルHDでは2万2417ポイント「非常に快適」といった具合だ。4Kでのプレイも可能ではあるが、メインはWQHD〜フルHDと考えた方がよいだろう。

 ファイナルファンタジーのベンチマークは「快適」評価が30fps前後という基準なので、可能ならそれ以上の評価を得ておいた方がよい。

 GPU負荷がより高い、FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークは4Kでのプレイはやや重い。WQHDで見ると高品質設定では8543ポイント「快適」評価、標準品質設定では1万882ポイント「とても快適」評価だ。フルHDの場合は高品質設定で1万1368ポイント「とても快適」評価が得られる。

 Watch Dogs:Legionでも見てみよう。こちらも、まずはWQHD解像度で最大画質と超高画質を試した。最大画質時は平均63fps、1%低FPSが52fpsなのでプレイ自体は可能だが、できればもう少し余裕が欲しい。

 そこで1つだけ設定を落とした超高画質を試すと、平均80fps、1%低FPSが65fpsと余裕を生み出すことができた。WQHDでは余裕のある超高画質で楽しむのがよいのではないだろうか。フルHD/最大画質も試してみたが、こちらは平均84fps、1%低FPSが67fpsなので最高の画質を余裕のあるフレームレートで楽しむことができる。

 最後にPCMark 10(Standard)でアプリケーション性能を見ておこう。Overallは8200と十分に高スコアだ。各シナリオで見ると、ホーム用途のEssentialsで1万1036ポイント、ビジネス用途のProductivityで1万20ポイント、コンテンツ制作用途のDigital Content Creationで1万3529ポイントだった。どのシナリオも1万ポイントを超え、ゲームだけでなくホームもビジネスも、コンテンツ制作でも快適な性能が得られると分かる。

●コスパも良好なハイエンドゲーミングデスクトップPCの入門機

 G-Tune EP-A-6700XTは、Ryzen+Radeon RXというAMD仕様のBTOモデルであり、現状主流と言えるRyzen+GeForce RTXに対し、もう1つの選択肢となる。PC DIY市場を見渡すとグラフィックスカードの供給量は改善傾向にあるものの、まだ望んだ価格ですぐに入手可能な状況とは言い難い。こうした状況下では、選択肢が残されていることが重要になってくる。

 Radeon RXの性能は1世代前の5000シリーズで向上し、6000シリーズではリアルタイムレイトレーシングを除けばGeForce RTXの同クラスに並ぶところまで追い付いた。実際のプレイでは各タイトルの最適化にも左右されるとしても、得られるフレームレートで同等が見込めるならば、十分に魅力的だろう。G-Tune EP-A-6700XTは、フルHD〜WQHDで60fpsが得られるPCを今すぐ欲しいといった人に対し、よい選択肢となるのではないだろうか。