オウルテックはこのほど、Cherry製メカニカルキースイッチを採用した日本語配列USBキーボードの販売を開始した。製品ラインアップは、しっかりした打鍵感が得られる青軸キー採用モデル「OWL-KB109CBL2-BK」、軽めのキータッチで長時間のタイピングに向く茶軸キー採用モデル「OWL-KB109CBR2-BK」、軽いタッチ感で静音性を重視した静音赤軸キー採用モデル「OWL-KB109CRE2-BK」の3タイプを用意。同社直販価格はそれぞれ1万3080円、1万4280円、1万5800円だ(税込み)。

 3製品はいずれもUSB接続に対応したフルサイズ設計のキーボードで、Cherry MXキースイッチを採用。キーレイアウトは日本語109キー配列で、着脱式のパームレストも備えている。

 オレンジ色の交換用キーキャップ4個(無刻印)とキー引き抜き工具も付属した。本体サイズは約448(幅)×150(奥行き)×35(高さ)mm、重量は約1.1kgだ。