ロジクールは9月7日、新ワイヤレス通信技術の「Logi Bolt」を採用した法人向け製品「フォービジネス」シリーズを発表、9月16日から順次販売を開始する。

 今回発表されたLogi Boltは、Bluetooth LEの技術をベースにした通信プロトコルで、従来の同社ワイヤレス技術「Unifying」と同様に最大6台のデバイスに接続できる。連邦情報処理標準(FIPS)に準拠したセキュア接続専用モードに基づく設計を採用しているのが特徴で、より安全でクローズドな接続を行うことが可能だ。

 なお、Logi Boltと従来のUnifyingに互換性はなく、レシーバーの流用はできない。

 マウス製品としては、小型軽量設計の「MX Anywhere 3 コンパクトパフォーマンスマウス フォービジネス」と、エルゴノミックデザインのボディーを採用したフラグシップマウスの「MX MASTER 3 アドバンスド ワイヤレス マウス フォービジネス」の2製品、さらに親指操作型トラックボールの「ERGO M575 ワイヤレストラックボール フォービジネス」を用意した。

 予想実売価格はMX Anywhere 3 フォービジネスが1万2540円、MX MASTER 3 フォービジネスが1万4850円、ERGO M575 フォービジネスが6820円だ(いずれも税込み、以下同様)。

●キーボードはセットモデルも用意 絵文字キーも追加

 キーボード製品としては、バックライト機能も備えたスタンダードキーボードの「MX KEYS アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード フォービジネス」、マウスとパームレストを付属したセットモデルの「MX KEYS コンボ フォービジネス」、エルゴノミックデザインを採用する「ERGO K860エルゴノミック スプリット キーボード フォービジネス」を取りそろえている。

 新たに、絵文字キーとミュート設定/解除キーを追加しており、在宅ワークなどにともなうビデオ会議やテキストベースのチャット時に活用できるようになった。

 予想実売価格はMX KEYS フォービジネスが1万5950円、MX KEYS コンボ フォービジネスが3万800円、ERGO K860 フォービジネスが1万7380円だ。

 この他、Logi Bolt ワイヤレス接続用USBレシーバー単体製品、USB Type-C−Type-A変換アダプター(予想実売価格はともに1210円)も発売される。